環境活動・ISO14001

つばさ総合高校は2004年3月に都立高校で初めてISO14001の認証を取得しました。
環境教育、省エネルギー、ゴミの削減などに生徒・教職員が全員で取り組んでいます。

読売新聞(6月26日発行)に載せていただきました

「第5回高校生環境サミット in Tokyo」において、5校の実践発表校と本校で長時間に渡り取り組んだ「大会宣言文」作成の様子を、読売新聞(6月26日(木)発行)の「くらし・学び」面に載せていただきました。

読売新聞6月26日.jpg
「この記事・写真等は、読売新聞の許諾を得て転載いたしております」
著作権の説明は以下へ
  http://www.yomiuri.co.jp/policy/copyright/
「無断で複製、送信、出版等の行為は禁じられています」
高校生環境サミット | - | -

環境サミットの写真

環境サミットの写真を抜粋してみました。
本校の写真部、広報委員会の生徒が撮影したものです。

朝の来校風景と受付です。このときは幸い雨は降っていませんでした。
■参加高校生続々来る.JPG ■受付.JPG
学校長の挨拶と生徒会長の挨拶です
■校長挨拶.JPG img46_file.jpg
開会宣言をISO委員会委員長が行いました。右の写真は会場の様子です。
img47_file.jpg ■実践工発表-2.JPG
社団法人未踏科学技術協会の水野建樹先生の基調講演です。
■水野講演1.JPG ■水野写真.JPG
体験プログラム・・・本校屋上のローズマリーを入れて「クッキー」を作りました。
今回は6種類のプログラムを来校した高校生に体験していただきました。
■クッキーー作り.JPG ■クッキー縦.JPG
体験プログラム・・・バンドルを作っています。本校屋上のラベンダーを使っています。
■バンドル作業.JPG ■バンドルパンダ.JPG
体験プログラム・・・はた織り機を使い「裂き織り」を作る体験です。
■■機織-2.JPG ■■機織.JPG
体験プログラム・・・紙パックを使って「はがき」を作りました。
■紙パックはがし.JPG 手すき紙ミキサーにかける.JPG
体験プログラム・・・糸を染色し、その後で「ミサンガ」を作りました。
■ミサンガ縦.JPG ■黒板.JPG
体験プログラム・・・さまざまな素材で「しおり」を作っています。
■■しおり.JPG ■しおり指導.JPG
パネル展示・発表・・・今回は全部で22の団体の方に参加していただきました。
■■展示.JPG ■水俣.JPG
参加した高校生は、積極的にコミュニケーションをとっていました。
展示.JPG 展示会場2写真部.JPG
ティータイムには、体験プログラムで作ったクッキーを試食しました。
■クッキーの行列.JPG ■■昼休み.JPG
実践校の発表の様子です。右側の写真は盛岡中央高校の発表です。
発表前.JPG 盛岡.JPG
左が芝浦工業大学柏中学高等学校、右が東京都立科学技術高等学校です。
柏.JPG 科学技術.JPG
左が東京都立六郷工科高等学校、右が田園調布学園中等部・高等部です。
写真の順番と発表の順番は異なっています。
■■実践発表.JPG ■■実践発表-2.JPG
実践発表校5校と本校でまとめ上げた「大会宣言」を読むところです。
■■宣言.JPG ■黒板-2.JPG
つばさ総合高等学校の生徒スタッフと教職員です。
■最後の集合写真1.JPG
サミットの雰囲気を少し感じていただけたのではないかと思います。
高校生環境サミット | - | -

「第5回高校生環境サミット in Tokyo」大会宣言

「第5回高校生環境サミット in Tokyo」はおかげさまで無事終了いたしました。
参加された方々はもちろんですが、多くの方々に大変にお世話になりました。ありがとうございました。

        大会の最後に「洞爺湖サミット」に向けて「大会宣言」を読み上げました。
   宣言文
2050年、私たち高校生は60歳になります。
42年後の未来は全ての人が豊かで充実感のある生活をしているのでしょうか。
少なくとも、今のままの生活をしていては、その未来は実現不可能です。
私たちは、私たちを含むすべての生き物や、これからの世代の未来のために、
自然破壊による地球温暖化や、資源の問題、経済格差などの社会問題を1つ1つ解決していかなければなりません。
「第5回高校生環境サミット in Tokyo」では、高校生と様々な職業・年代の方が集まり、環境について話し合い、多くのことを学びました。
ここに集まった方たちが、サミットで学んだ成果をそれぞれの職場や学校や家庭に持ち帰り、
そこの全員で意識を高め、毎日の生活を振りかえり、改善していくことが、私たちの目標です。
その目標に向かい、行動していくことをここに宣言します。

この宣言文は、  盛岡中央高等学校
           芝浦工業大学柏中学高等学校
           田園調布学園中等部・高等部
           東京都立科学技術高等学校
           東京都立六郷工科高等学校
           東京都立つばさ総合高等学校
以上6校の代表者が、サミット当日2時間にわたり検討を重ねて作ったものです。
写真は、大会宣言を読み上げている場面と、各校代表者が宣言文の検討をしているところです。
環境宣言.JPG 無題.JPG

サミット宣言文推敲2.JPG サミット宣言文推敲.JPG
今後も、サミットの結果をホームページで報告いたします。
高校生環境サミット | - | -

高校生環境サミット前日

     21日は準備で大忙しでした。
最後に、サミットの看板を取り付けて準備終了です。
雨が心配ですが是非多くの方に参加していただきたいと思います。

それでは明日お待ちいたしております。


前日-2.JPG
高校生環境サミット | - | -

体験プログラムの準備です(サミット準備)・・・クッキー作り

体験プログラムでクッキーを焼いていただくのですが、その準備です。
        ハーブクッキーを作ってみました。
体験プログラムに参加しない方でも、ティータイムで試食することができます。

クッキー2.JPG クッキー1.JPG

楽しみにしてください。
22日(日)お待ちしております・・・・クッキー係りより
高校生環境サミット | - | -

USO800 24号

つばさ環境の日(12日)に発行いたしました。
今回は、「第5回高校生環境サミット」の内容です。


24号表.JPG24gou.JPG

ごらんになっている高校生・中学生のみなさん。
是非参加してください。
詳しい内容は、6月12日に発信した高校生環境サミットについてをご覧ください。
広報紙「USO800」 | - | -

第5回高校生環境サミット in Tokyo のお知らせ

        今年度の高校生環境サミットを以下のように実施いたします。


サミット08.JPG
是非多くの方の参加をお待ちいたしております。

日時  2008年 6月22日(日)
時間   午前 9時開場、9時30分 開演
場所   東京都立つばさ総合高等学校(入場無料)
次第   ①開会式
      ②基調講演  社団法人 未踏科学技術協会 水野建樹 氏
         テーマ「地球温暖化はとめられるか?」
      ③体験プログラム
   ・・・・・(昼食)・・・・・・・
      ④パネル展示・発表 
      ⑤高校生の実践発表
      ⑥閉会式、大会宣言(終了16時45分予定)
パネル展示団体
  ワタミエコフォーカス㈱、㈱東京木工所、㈱東京流通センター、(財)省エネルギーセンター
  (社)未踏科学技術協会、NPO法人大田・花とみどりのまちづくり、NPO法人アース・エコ
  NPO法人水俣教育旅行プラニング、グループMATE、東京都環境局、関東経済産業局
  武蔵工業大学ISO学生委員会、東京農業大学ISO部屋、東洋大学アカシアの木
  工学院大学附属高校生徒会、東京都立つばさ総合高校家庭クラブ
  東京都立つばさ総合高等学校PASTA、東京都立つばさ総合高等学校ISO委員会 等
高校生実践発表校
  盛岡中央高校、田園調布学園中学部・高等部、芝浦工業大学柏中学高等学校
  東京都立科学技術高校、東京都立六郷工科高校

お願い
  ●昼食は各自お持ちください
  ●上履きは必要ありません
  ●ペットボトルキャップを集めています。よろしければお持ちください
高校生環境サミット | - | -
1/1