環境活動・ISO14001

つばさ総合高校は2004年3月に都立高校で初めてISO14001の認証を取得しました。
環境教育、省エネルギー、ゴミの削減などに生徒・教職員が全員で取り組んでいます。

2010年度、スタート。

 更新が滞り、学校あてにご心配のメールまでいただいてしまいました。年度替わりでバタバタしていたとはいえ、申し訳ございません。
 ですがもちろん、本校の環境活動が途絶えてしまったわけでは決してありませんのでご安心を。

kankyounohi1004 4月12日。新年度のISO委員会が無事結成されました。
 さっそく、その週の金曜・16日が初めての「つばさ環境の日」。冬のような風に横殴りの雨…という朝でしたが、二十名近いISO委員+顧問教員が結集。久しくなかった大人数です。
「ゴミの分別をーっ!」
「しっかりやりましょー!」
 一同、情宣用の看板と一緒に風にあおられつつ、登校する生徒・教職員に今月の目標を呼びかけました。この日に限らず、いつまでも寒さがぶり返す春…これも環境問題の影響なのかも、という気持ちがふと頭をよぎりました。

 さてそのゴミですが、毎週木曜の放課後に、ゴミ倉庫で再分別作業があります(午前中に資源回収の業者さんが来て、きちんと分別された「紙」「プラ」だけを回収していくので)。
 春休みや学校行事の都合で、生徒の初参加は22日放課後になりました。
 校舎内で生徒が出したゴミは、今年度もまずまず。ゴミステーションから来た「紙」「プラ」の袋はほぼ回収され、残った「可燃ゴミ」から多少の紙やビニールをより出すぐらい。
 が、それ以外の場所出身のゴミ袋を中心に問題多し。「紙資源」らしき袋に木くずがたまってたり、弁当殻あり古靴あり飲み残しのペットボトルありの「なんじゃこりゃ!」な袋があったり…まだまだ、みんなで呼びかけをしたり、いろいろな対策を考えたりする必要があるようです。

 そして、月末には最初のISO推進委員会も開かれます。教職員・保護者も含めた今年度の推進メンバーが顔を揃え、一年間の動きをあれこれ考えていく予定です。
 …顔といえば、実はこの記事から当ブログの管理人が交替しました。
 年度頭のバタバタがまだ続いていて、ブログの更新は今後もしばらく遅れがちになるかもしれませんが、つばさ生の環境活動は今年度も順々にスタートしつつあります。
「まず、身近なところから」
 そんな気持ちを大事にして頑張っていきますので、どうか本年度も、よろしくお願いいたします。
日々の活動 | - | -
1/1