環境活動・ISO14001

つばさ総合高校は2004年3月に都立高校で初めてISO14001の認証を取得しました。
環境教育、省エネルギー、ゴミの削減などに生徒・教職員が全員で取り組んでいます。

速報…CO2排出量25%削減達成

「2020年までに、温室効果ガスの排出量を2000年比で25%削減」
 これが東京都の目標だそうで、それに沿って昨年度から「カーボンマイナスプロジェクト」という施策が始まりました。
 させる以上は都の機関が率先して…ということで、都立高校に対しても省エネルギーの取り組みが求められ始めています。現在は消灯やパソコンのシャットダウンなどの奨励が中心ですが、今後、徐々に具体的な目標も出てきそうです。

 …が、つばさはどうやら昨年度に、都の目標を達成できてしまったようです。
 2000年に本校はなかったので、2002年との対比ですが。

 管理人の前任者が行った、本校の電気・上水道・ガスの使用量とゴミ排出量をもとにした計算によると、昨年度のCO2排出量は開校初年度比で約26%の削減という結果が出ました。
 整理に時間がかかるため詳細は後日とさせていただきますが、大幅な計算違いなどはないようですので、応援して下さっている関係各位に感謝をこめて、ひとまず速報する次第です。
 今後もよろしくお願いいたします。
soko1005_2
【ゴミ倉庫にて…あくまでも、みんなの地道な取り組みの成果です】
日々の活動 | - | -

回収場所は本校ではありません~ペットボトルキャップ回収についてのお願い

new
【8/4、本記事の最下部に今後についての情報を追加しました】

 ペットボトルキャップを集めて下さっている本校周辺地域の皆様に、事務局からお願いとご連絡です。

★ペットボトルキャップを、本校に直接持ち込まないで下さい
 本校では、羽田特別出張所と協力して地域のペットボトルキャップ回収を行ってまいりましたが、本校で常時受付を行うのは難しいため、取り組みの開始当初より
「回収窓口は羽田特別出張所」
とさせていただいております。
 しかし、多数の方々が本校に直接持ち込みに来られるため、事務室の業務に支障が出ております。また、直接持ち込みをされますと、搬出に際して必要な整理・分別が困難になり、かえって皆様のご意志を無駄にしてしまいかねません。
 本校への持ち込みはご遠慮下さい。ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。
 なお、直接ゴミ倉庫に立ち入られることも、危険ですし、整理・分別に支障がありますので絶対におやめ下さい。


★今後のペットボトルキャップ回収について【8/4更新】
 本校に限らずキャップの回収先では、そのまま溜めて随時搬出しているわけではなく、上記のように整理・分別などの作業を行っております。また運搬・加工業者の数が不足しているのが実情で、溜まり具合に応じて随時搬出することもできていません。
 この負担が非常に大きいため、事務局では現在、搬出やその準備作業、回収方法について見直しを行っております。
 これにともない、羽田特別出張所での回収も6月中旬より一時停止させていただいているところです。
new
 …という状況でしたが、このほど在庫整理のメドが立ったため、9月より新たな方法で回収を実施する予定です。
 現在、関係各者で調整をしております。発表まで今しばらくお待ち下さい。
 そしてお手数ですが、それまではペットボトルキャップを本校に搬入されないよう、再度お願い申し上げます。
ペットボトルキャップ回収 | - | -

「USO800」・2010年5月号

 テーマは「生物多様性の危機」、担当は1年生です。
 分量も多くなく、鮮やかな写真もありませんが、こめた気持がよく伝わってくる手書きの文字…そのインパクトに、関心の広まりを期待。
800_1005

 あ、お知らせを忘れてましたが、4月号も「ゴミの分別」で発行済みです。
 ISO委員生徒の率直な思いを紙面にのせて、今年度も毎月発行を目指します。
広報紙「USO800」 | - | -
1/1