環境活動・ISO14001

つばさ総合高校は2004年3月に都立高校で初めてISO14001の認証を取得しました。
環境教育、省エネルギー、ゴミの削減などに生徒・教職員が全員で取り組んでいます。

第7回高校生環境サミット・公式(?)報告その2

【その1(12/24付)より続く】


パネル展示・本部企画

 今回のパネル展示には、高校・大学・NPOを中心に15団体が参加(カテゴリごとの一覧は後述)。



10s_a1 10s_a2 10s_a3
 午後からの開始に先立ち、基調講演を終えた「つばさホール」の演壇に、各団体の代表が一斉に登壇。
 展示のテーマや内容を1団体2分程度でアピールしていただきました。
 一同がじっと聞き入るようなアピールから場内がほほえみに包まれるスピーチまで、さまざまなPRが矢継ぎ早に続き、そして会は昼休みに。
 なお会場と受付の連携不足のため、「受付先着順」だったはずが五十音順になってしまい、各団体にご迷惑をおかけしました。以降気をつけます。

10s_kyukei.jpg
 さて、昼休み兼準備時間。ここから主会場は3階ラウンジに移ります。
 ちなみに各階ラウンジは学年の拠点で、分別徹底のための「ゴミステーション」が置かれている場所ですが、サミットでは「ゴミはお持ち帰り下さい」になっておりますので…。
 ひと休み用の椅子を昨年より多めに並べたおかげで、この時間帯の居心地はおおむね好評でしたが、参加団体の方のアンケートに「準備・搬入の時間が短い」とのご意見がありました。午前中の行事への影響を考えつつ前倒しを検討します。
10s_kaijyozu_t
 ちなみに会場の配置は、 このような布陣(クリックで拡大します)。
 そして13時から、2時間あまりの「パネル展示」が始まりました。

=高校関係=
10s_kou1 10s_kou2 10s_kou3
☆慶應義塾湘南藤沢高等部環境プロジェクト
☆工学院大学附属中学・高等学校生徒会
☆実践学園中学・高等学校
☆田園調布学園保健衛生委員会
☆都立科学技術高等学校科学研究部
☆都立多摩科学技術高等学校
☆早稲田大学高等学院環境プロジェクト

 自負と知識に満ちた堂々たる説明から、優しい恥ずかしがり屋さんまで…どこも説明役の皆さんは様々ですが、懸命だという点は共通で、それが幅広く来場者を誘っていました。
 各校ごとにテーマや内容が違うのはもちろんですが、身近な場所の緑化や自然環境についての研究、ゴミの削減や再資源化の取り組みが目立ちました。そこも高校らしい感じがしますね。

=大学関係=
10s_dai1 10s_dai2 10s_dai3
☆工学院大学環境ISO学生委員会
☆東京都市大学ISO学生委員会
☆東京農業大学学生環境団体いそべや
☆フェリス女学院大学エコキャンパス研究会

 数年ぶりに直接参加して下さった団体もあり、それだけに熱がこもっていました。
 さすが大学生で、学外を対象にした研究や取り組みの報告が増えるのはもちろん、学内を対象にした取り組みも、先生の指導のもとに…というより「こちらから大人も巻き込んで」といった匂いが強くなります。
 それが活動に取り組む高校生には「目標」「あこがれ」になるのでしょう、大人に混じって、展示参加校の高校生の姿が特に多く目立ちました。

=NPO・行政など=
10s_z1 10s_z2 10s_z3
☆経済産業省関東経済産業局
☆社団法人日本消費者アドバイザー・コンサルティング協会(NACS)
☆社団法人未踏科学技術協会
☆東京都地球温暖化防止活動推進センター(クール・ネット東京)

 こちらの展示テーマは、「温室効果ガスの削減」・「そのために各自ができる取り組み」の2つが中心でした。
 このカテゴリの参加数が昨年より減少し、バリエーションが少し淋しくなりました。早めの宣伝などに努めたいと思います。
 ですが、よく整理された展示物、映像の活用、豊富な配布資料などで「見やすい展示」を作り、老若男女まんべんなく集めていました。展示自体の他、こういったことも高校生の勉強になったのではないかと思います。

10s_zentai

 さて、つばさの方でも「本部企画」を用意し、ご好評をいただきました。
 一見バラバラですが、「できるだけ触れたり体験したりできるものを」という趣向で揃えたものです。

◇ティータイム
10s_c2 10s_c1 10s_c3
 恒例の、生徒・保護者・教職員による合同企画。
 昼の休憩からパネル展示の時間にかけて、お茶とクッキーでおもてなし。
 クッキーには屋上のハーブを有効利用。
「クッキーばかりじゃなしに、たまにはパンや別のお菓子にしよう」
 今年は当初そう考えてもいたのですが、猛暑でハーブが一種類を残して全滅。残ったローズマリーは香りがとても強く、ちょっと他のものには使いづらくて…。
 1,000枚焼いたクッキーは、おかげさまで100枚あまりを残して完売。
 残りはサミット終了後、スタッフ一同でいただきました。完食もエコ。

◇しおり作り
 たとえば旅行土産のお菓子を思い浮かべて下さい。
 食べてしまうと厚紙の箱と包装紙が残ります。なんとなく捨てるのが惜しくて溜めているご家庭もあるかと思いますが、かといって使い途は…。
 そんなわけで、厚紙と包装紙を使った「しおり作り」を生徒が準備しました。
10s_s1 10s_s2+1
 時間中に2回、15分ほどの時間を取って開催。高校生を中心に集まっていただけました。
 押し花用のセロファンを使って草木や色紙を挟むと、バリエーションが広がります。

◇糸つむぎ・織機体験
10s_i1 10s_i2
 福祉部の生徒・顧問を中心に企画させていただきました。
 この後の実践発表「綿から糸へ・そして布へ」で登場する糸車と織機を、スタッフの指導で実際に体験。中学生・高校生を中心に人気を集めました。
 また、綿以外の糸や、クルミなど天然の素材で染めた糸も各種展示され、こちらは大人の注目も集めていました。

◇クール・ネット東京の「エコセミナー」
 東京都地球温暖化防止活動推進センター(クール・ネット東京)の講師派遣事業「エコセミナー」をお招きしました。
 テーマは「家庭でのエコチェック」。
 どんな家電製品がどれぐらい電気を使うのか、どういう使い方をすることで電気をどれぐらい節約できるのか、ということを、模型や図表を使って実感・体感できるセミナーです。
 会場の化学講義室は少しラウンジから離れていましたが、それでも机がだいたい埋まる盛況でした。
10s_ecomov
 なお、同じテーマの展示「エコムーブ」をパネル展示会場でも行いました。
 クール・ネット東京の事業については、上記リンクをご覧下さい。



 ところでこの時間帯、別の場所では、参加各校の代表者が本サミットの「宣言文」の起草会議を行っていました。
 これについては次回、「宣言文」の項で取り上げさせていただきます。
 次回はこの宣言文、そして「高校生の実践発表」についてお伝えし、サミット当日のご報告をひとまず終えたいと思います。

【つづく】
高校生環境サミット | - | -

「USO800」第44号発行

 皆様、新年明けましておめでとうございます。

 さて先月の24日に、ISO委員会の広報紙『USO800』が出ました。
 2か月ぶり、生徒の手になるものは3か月ぶりの発行でしょうか…すみません。
 委員会一同「環境サミット」の広報に手一杯でしたが、もう大丈夫です。

 終業式の日に配布された今号の内容は「寒くなったらウォームビズ」。
 クリックすると拡大しますので、皆様もお読みいただき、ぜひ実践を。

10u8_44a_t 10u8_44b_t

 そういえば、昔に比べてコートを着てくる高校生が少なくなりました。
 何人かに聞くと「自転車に乗る時に邪魔だから」。でも自転車通学は昔からあったし、電車通学の子もあんまり着てないし…私服でも右面上の「つばさちゃん」みたいなコート姿は少ないようです。
 とりあえず、あれでは登校中に体が冷え切ってしまって、強い暖房がほしくなるのも当たり前。
 みんながもう一枚上に着て歩くだけで、学校はもちろん、駅や電車などの暖房をもっと弱くできると思うのですが…どなたかご存じの方は「傾向と対策」をご教示下さい。
広報紙「USO800」 | - | -
1/1