環境活動・ISO14001

つばさ総合高校は2004年3月に都立高校で初めてISO14001の認証を取得しました。
環境教育、省エネルギー、ゴミの削減などに生徒・教職員が全員で取り組んでいます。

「USO800」47号発行&つばさの節電の心

 生徒発行の広報紙・「USO800」の6月号です。
 今月は2クラスの委員が、それぞれ「校内の節電」「マイボトル」について執筆。
 ↓ クリックすると拡大表示されます。
u800_47a_t u800_47b_t
 節電の方は、数値で効果を示しているのが説得力を持ちます。冷房の仕組みを知ることも、「本当に有効なことをする」ためには大切なことですね。
 そしてマイボトルの方でも、リユースの意義とともに節電効果に触れました。もちろん、具体的な金額を挙げて「経済効果」を前面に出しているのも見事です(笑)。

 さて、委員会の「今月の目標」も、クールビズでの冷房抑制とマイボトル。
 マイボトルの方はもともと、
「そろそろリサイクルだけじゃなくて、少しずつリユース・リデュースの方へ」
 という思いから出てきた目標ですが、校内や社会全体の節電にも役立つので、節電策の一つとしても呼びかけることに。
 これらについては呼びかけや広報だけでなく、他の委員会とも協力して、放課後の消灯なども実行しています。
1106kanban【環境の日以降は生徒玄関を飾る「目標」の看板】

 その節電ですが、
「今年だけだと思って我慢しよう」
 ISO委員会は、そんな考えで取り組んでいるわけではありません。
「窓を開ければ、冷房は毎日いつでも必要なわけじゃなかった」
「飲み物も毎日あんなに買う必要はなかった」
 そういったことに気付き、去年までの「何でも好きなだけ使っていた暮らし」を少しずつ考え直す機会にしよう。私たちはそう考えて節電に取り組んでいます。
 つばさはこれまでも、目標を立てて電気使用量を削減してきました。
 私たちのエネルギーのために、誰かが悲しい思いや危険な目にさらされる・・・そんなことが二度とないよう、これを機に一層省エネルギーな暮らしを目指しましょう。ご協力よろしくお願いします。
広報紙「USO800」 | - | -

13(水)・・・7月のエコキャップ回収

 前号記事で結果のご報告をしたばかりですが、7月も正門前ペットボトルキャップ回収を行います。
 7/13(水)の8:30~16:00です(雨天時は来客玄関前)。
 羽田特別出張所経由の回収は、近い将来に何らかの見直しを行う予定です。
 お手数ですが、できるだけ本校の例月回収へお願いします。
11pet07t【画像はクリックで拡大します】

 学校行事の都合により、今回は木曜ではありません。
 今後も学期の頭・終わりを中心に「原則木曜日」が崩れます。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。
 なお9月は8日(木)。木曜ではありますが、若干早まります。
ペットボトルキャップ回収 | - | -

今年度最初のエコキャップ「出荷」

 今月の初め、校内・家庭・地域から集まったペットボトルキャップの「出荷」を、約5カ月ぶりに行いました。
cap_yamadumi
 ↑ これが約5カ月分の山。
 ・・・といっても、ただこのまま出すわけには行きません。
 残念ながら、ビンのフタや金属製のキャップ、果ては醤油やポン酢の内ブタなど、「ペットボトルキャップ以外のもの」が混じってしまっています。
 また、レジ袋などに入ったままでは出すことはできないため、そういうものは取り出して、大型の透明な袋に詰め直す必要もあります。
【皆様、以上2点よろしくお願いいたします!】

cap110531b
 そこで集荷に来てもらう前に、放課後に仕訳作業。
 生徒は、最初ISO委員会の役員だけでと思っていたら有志も駆けつけてくれ、つごう10名に。事務局の教職員、それに話を聞いて保護者の方々も来て下さり、大人は8人。
 倉庫の外でしゃがんで作業開始。一袋終わったと思ったら、中から続々と「おかわり」が出てきます。
cap110531a cap110531c
 ようやく棚の向こうが見えてくるまで長かったものの、さすが18人いるだけあって、1時間弱で作業は終わりました。腰や手も疲れましたが、普段あまり話したことのない子とのおしゃべりもはずんで、口も疲れたような・・・(笑)。

 キャップはその数日後、運搬業者さんの手で再生工場へ。
cap_paper1106t
 ↑ 今年度最初、そして通算3回目の受領書(クリックで拡大します)。
 65,800個、重さにして164.5kg・・・多かったわけです。
 昨年からの累計で、焼却した場合に比べて4トン近くのCO2排出削減になったとのこと。

 ・・・とはいえ、たとえば人手も毎回これだけ集まるわけではなく、この活動には課題もあります。特に、地域からの回収については何らかの見直しがあるかもしれません。
 でも、それでも持続可能な範囲で、できることを何かしていたいですね。
ペットボトルキャップ回収 | - | -

今年度の「推進委員会」発足と環境目標

 お知らせが遅れましたが、2011年度の「ISO推進委員会」が先月発足しました(つばさのISOの年度は5月始まりです)。
 教職員17名、生徒7名、保護者4名・・・総勢28名の陣容です。
 推進委員会は、つばさ総合高校の環境活動について企画立案や調整をし、進行状況を管理する組織ですが、教職員だけではなく、生徒(生徒会執行部やISO委員会の代表)、保護者(「PASTA」の代表)も対等の立場で加わっているのが特徴です。
 和気あいあいとした自己紹介の後、さっそく今年度の環境目標や年間の主な予定、役割分担などについて話し合い、1時間半があっという間に過ぎました。

 決定した内容のうち、今年度の環境目的(つばさが取り組む事項)・環境目標(その目標値)について以下にアップいたします。
=クリックすると拡大します=
11mokuteki_t
 9つの環境目的は昨年度と同じで、環境サミットやこのブログなど、外部に向けた活動も例年どおり行われる予定です。今年度もよろしくお願いします。
 環境目標では、「ゴミ発生の抑制」について数値目標に加え、「全員が回収・再分別作業を1回は体験する」という項目を加えました。ゴミの分別について、あらためて生徒・教職員全員に当事者意識を・・・という趣旨で、さっそく事務局で具体策の企画を開始しています。
ISO14001 | - | -

いざ節電・・・「USO800」第46号発行

 ISO委員の生徒が交替で執筆する広報紙。
 先月は都合によりお休みしたため、この5月号が今年度最初の発行になりました。
 (画像をクリックすると拡大します)
 u8_46at u8_46bt

 今月はまず、原発事故で話題になっている「放射線」と「放射能」について整理・解説。
 その上で、過剰な反応をせずに正しい情報を得るよう呼びかけています。
 そして「生徒にできる節電策」の手始めに、エレベーターの使用抑制も呼びかけ。
 裏面はWEBサイト『節電ポスター』から。
 震災からまもない頃の作品ですが、東京にいる自分たちのためだけの「節電」にならないよう、あえてこの図柄を使わせていただきました。
 原発事故による「風評被害」もそうですが、冷静に、そして旺盛に正確な情報を身につけて、自分にも他の誰かにも本当に役立つ行動をしたいものです。
広報紙「USO800」 | - | -
1/1