環境活動・ISO14001

つばさ総合高校は2004年3月に都立高校で初めてISO14001の認証を取得しました。
環境教育、省エネルギー、ゴミの削減などに生徒・教職員が全員で取り組んでいます。

ISO委員会・2016年度スタート

生徒の環境活動の組織・ISO委員会が、19日に発足しました。
今年度は61名の委員が集まり、同日の定例委員会で、2年生から委員長以下7名の新役員を選びました。
この定例の委員会と不定期に開く役員会で、毎月の仕事の確認、環境サミットなどの行事の段取り、それに外部のイベントへの参加などを話し合っていきます。

2日後の21日が新年度最初の「つばさ環境の日」。
朝、前々日にみんなで決めた「今月の目標」の宣伝をします。

1604asa

ずらりと並んだ1・2年生中心の委員たち。声もよく出ていました。
そして、新年度最初の「今月の目標」は・・・

「もったいない!残さず食べよう○○○○○!」

食べ残し・消費期限切れなどで、食べられるのに廃棄される食品=「食品ロス」。これが今、環境問題として話題になっています。
課題は人それぞれだと思うので、「○○○○○」には、各自の問題意識に沿って思いつく食品などを入れてもらうことにしました。
この日は早速、委員のアドリブで「お弁当」「パンの耳」などのフレーズを入れて呼びかけをしました。

なお、教職員・保護者をあわせた、学校全体としての環境活動の枠組みは5月頭にスタートする予定です。
年間の環境目的・目標などについては、その後にあらためてお伝えします。

それでは今年度も、つばさ総合高校の環境活動をよろしくお願いします。
日々の活動 | - | -
1/1