環境活動・ISO14001

つばさ総合高校は2004年3月に都立高校で初めてISO14001の認証を取得しました。
環境教育、省エネルギー、ゴミの削減などに生徒・教職員が全員で取り組んでいます。

1月のペットボトルキャップ回収は12日(木)

地域の皆様、寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。
さて、次回の正門前ペットボトルキャップ回収は1月12日(木)です。
8:30~16:00までの間、正門に回収容器が出ています。よろしくお願いいたします。
雨天の場合は門の内側~来客玄関付近に容器を置かせていただきますので、門の中へどうぞ。
なお、次々回は2月9日(木)の予定です。
ペットボトルキャップ回収 | - | -

第13回高校生環境サミット報告(その2)

第13回高校生環境サミットの報告その2です。
kitou-2.png karuneko 無題.png
   基調講演  演題「川と生命(いのち)」 鬼頭 秀一先生(星槎大学副学長)

   クレジット購入式・講演  菅谷健夫様 (カルネコ株式会社)       

パネル展示・発表団体
今回は高等学校、一般(企業・法人・自治体・NPO等)合わせて22団体の参加がありました。ありがとうございました。
tennji-1.png  tennji -2.png
<高校>埼玉県立いずみ高等学校/群馬県立尾瀬高等学校/慶応義塾湘南藤沢高等部/工学院大学附属高等学校/千葉県立国府台高等学校/東京都立小平高等学校/チームアライグマ(川越女子高等学校・熊谷西高等学校・越谷北高等学校)/法政大学女子高等学校   (10校)

<企業・大学・NPOなど>エルサ/大田区環境清掃部/カーボンオフセットフォーラム(J-COF)事務局/海洋管理協議会(MSC)/独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金/しながわCSR推進協議会事務局(品川区総務課)/東京都市大学ISO学生委員会/東京湾をよくするために行動する会・多摩川干潟ネットワーク/公益社団法人日本環境教育フォーラム/碧い海の会/エコが見える学校・三信加工(株)/佐川急便(株)CSR推進部   (12団体)

高等学校実践発表
慶応義塾湘南藤沢高等部/群馬県立尾瀬高等学校/千葉県立国府台高等学校
東京都立つばさ総合高校(特別アピール)
以上3つの高等学校と本校のごみ処理についての特別アピールがありました。

参加人数・・・・合計189名
       高校生                  ・・・112名
       教職員                  ・・・31名
       大学生                  ・・・10名
       一般(企業・法人・自治体・NPO等)・・・43名
       合計                  196名でした。
    毎年の参加人数より少なめになってしまいました。来年は250名の参加を目標にしたいと思っています。

参加された方、またご協力いただいた方など多くの方のご支援で何とか充実した高校生環境サミットを行うことができました。
ありがとうございました。来年も実施いたしますのでよろしくお願いいたします。
高校生環境サミット | - | -

第13回高校生環境サミットの報告(その1)

大変に遅くなってしまいましたが、第13回高校生環境サミットの報告をいたします。
まずは写真による当日の様子を発表いたします。
11月23日(祝・水)に実施いたしました「第13回高校生環境サミット」はいつものように本校生徒会長のあいさつから始まりました。
続いて学校長のあいさつです。
会長挨拶.jpg 校長挨拶.jpg

今年度は星槎大学副学長の鬼頭秀一先生に「川と生命(いのち)」という演題でご講演をお願いいたしました。
今までとは異なる考え方もあり、いろいろと考えさせられる講演でした。講演の後の質疑でも会場の高校生から積極的な質問や意見も飛び交います。いろいろな刺激や、考え方を考え直すという宿題をいただいたように感じます。大変に有意義な講演でした。
鬼頭講演.jpg 質問.jpg

引き続き、本校が昨年来取り組んできた「カーボン・オフセット」の取り組みの中で、
今年度は「山梨県南アルプス市役所」の小水力発電により作られたクレジットの購入式を行いました。
当日は購入の手続きを仲介していただいている「カルネコ株式会社」の菅谷健夫様にご来校いただいております。
購入式に引き続き菅谷様に、地球環境の保全活動とカーボン・オフセットの考え方についてのご講演をいただきました。
カルネコ購入式1.jpg カルネコ講演.jpg

講演の終了後に午後のプログラムに入ります。
今回も多くの高等学校・大学・法人・行政・NPOの方々にご参加いただき、有意義な展示・発表になりました。高校生の質問に答える大人の方や、さまざまな年齢の方とコミュニケーションを交わす高校生の姿が多く見られました。高校生に限らず、さまざまな年齢や立場の方々が意見を交わすことこそサミットの最大の目的でもあります。
展示3.jpg 展示2.jpg
展示1 縦.jpg 展示4 縦.jpg 展示7 縦.jpg
展示6.jpg 展示5.jpg
展示10.jpg 展示9.jpg
展示8.jpg

続いて高校生の実践発表ということで、再びつばさホールに集まっていただき、3つの高等学校に発表を行っていただきました。
尾瀬再.jpg KO.jpg
群馬県立尾瀬高等学校自然環境科と慶応湘南義塾藤沢高等部環境プロジェクトの皆さんの活動報告の様子です。
国府台.jpg つばさ再.jpg
千葉県立国府台高等学校理科研究部と本校ISO委員会による特別アピールの様子です。

最後に参加した高等学校の生徒代表による振り返りです。
振り返り.jpg

皆様のおかげで、とりあえず無事終了いたしました。ありがとうございました。

このように写真を並べてみると、その内容の広がりや深さに驚きます。
改めて、より多くの高校生や大人の方々にサミットを見ていただき、参加していただき、交流をしていただきたいと考えております。
来年度も第14回のサミットを実施いたします。ぜひ多くの方にご参加いただきたいと思っています。

(写真提供  写真部(ISO委員会))
高校生環境サミット | - | -
1/1