環境活動・ISO14001

つばさ総合高校は2004年3月に都立高校で初めてISO14001の認証を取得しました。
環境教育、省エネルギー、ゴミの削減などに生徒・教職員が全員で取り組んでいます。

まずは御礼を~第11回高校生環境サミット終了

11月23日(日)、かねてお知らせのとおり11回目の「高校生環境サミット」が行われました。

14s11_00a (「高校生の実践発表」にて)

各地の高校生や大学生、社会人百数十名が来場。これに本校の生徒・教職員・保護者が加わります。
午前中はみんなで基調講演を聴き、午後は高校8校を含む22団体が参加したパネル展示と実践発表。
今回のテーマである「森が生み出すもの」をめぐって、あるいは各校・各団体の環境活動や研究をもとに、参加者が盛大に交流し合う一日となりました。
どの参加者にとっても有意義だったかと思いますが、今回は各校の高校生が、特にいい顔をしていた気がします。
盛況のうちに終えることができたのは、参加校・参加団体はもちろん、すべての来ていただいた皆さんのおかげです。
ありがとうございました。

14s11_00b (パネル展示会場での一コマ)

今回のサミットの様子については、追って報告記事を順次掲載いたします。
まずは来ていただいた皆様、そして今回は来られなくとも関心を持っていただいたすべての皆様に、厚くお礼を申し上げます。
高校生環境サミット | - | -

いよいよ明日に迫りました。

「第11回高校生環境サミット」を明日23日に開催いたします。

今回は「森が生み出すもの」というテーマで、
東京農業大学農山村支援センターの今野知樹先生に基調講演をお願いしております。
また、高校・大学・企業・法人等合わせて25団体のパネル展示団体が参加します。
高校生の実践発表も5校行われます。

参加は高校生に限らず一般の方でも自由に入場できます。
普段は高校生の活動や考え方を見たり、聞いていただく機会はなかなかないと思います。ぜひご参加ください。
また、時間は9時半に開始予定ですが、何時でも入場できます。ぜひ多くの方のご参加をお待ちいたしております。

会場●1.png 会場●3.png

現在の会場の様子です。
左は、明日の全体会で使用する「つばさホール」です。
生徒会とISO委員会の生徒がちょうど司会や運営の打ち合わせを行っていました。
右は、パネル展示・発表で使用する「3階のラウンジ」です。嵐の前の静けさでしょうか。明日はここに25のパネル展示団体が入り、活気にあふれたコミュニケーションの場になることと期待しております。
高校生環境サミット | - | -

11/23「環境サミット」・メニューのご案内【確定版】

11月23日(日)の「第11回高校生環境サミット」が近づいてきました。
タイムテーブルや各企画の内容が確定しましたので、あらためて『「第11回高校生環境サミット」のご案内』の確定版を公開いたします。
下の画像をクリックすると、ご案内が別ウィンドウで開きます。
14s11scguide
途中入退場自由の、どなたでもご来場いただけるイベントです。
高校生や大学生の皆さんも各企業や地域の皆様も、当日はお誘い合わせの上、つばさ総合高校にぜひお越しください。
なお、以前に公開した暫定版(10/17版)は破棄してください。


=パネル展示関係のお知らせ=
パネル展示に出展される各団体の皆様へ
搬入・設営などのご案内を、お届けのメールアドレスへお送りしました。万一不着の場合はご連絡ください。
出展受付について
おかげさまでパネル展示のスペースがすべて埋まりましたので、出展の受付は締め切らせていただきます。
高校生環境サミット | - | -

「環境サミット」ポスター・お知らせ等を公開しました!

s11pos お待たせしました。
 11月23日(日)の「第11回高校生環境サミット」について、ポスターやご案内を公開させていただきます。
 下記の「ポスター」「お知らせ」をご覧になり、ぜひご来場・ご参加をご検討ください。
 なお、開催時間は9:30~16:30を予定しています。
 タイムテーブルと、基調講演・意見交換・パネル展示・実践発表の4つのメニューについては、今回もほぼ踏襲する予定です。
(昨年のタイムテーブルはこちらをご覧ください)

「第11回高校生環境サミット」開催告知ポスター
「第11回高校生環境サミット」開催のお知らせ

 また、パネル展示・実践発表の申し込みも受付を開始しました。
 申し込みについては、以下の各書類をご覧ください。

展示・発表のお申し込みについて
 (こちらを熟読の上、電子メールにてお申し込みください)
【参考】前回のサミット展示参加者への最終案内
 (展示参加者の皆様には、今回もほぼ同じ内容をお願いする予定です)

 各メニューの具体的な内容はこれから順次決まっていきます。
 時々このブログをチェックしてください。
 ご来場やご出展、そしてポスターを活用した広報へのご協力を、ぜひよろしくお願いします。
高校生環境サミット | - | -

今年も11月23日!「高校生環境サミット」

 毎年恒例の交流行事「高校生環境サミット」は、本年も11月23日(日)開催です。

 今年で11回目となる環境サミット。
「どんな行事なの?」
 という方は、ページ右側にある「目次」から「高校生環境サミット」のカテゴリをぜひ一覧してみてください。
 テーマ・基調講演は鋭意準備中ですが、一同、昨年よりも楽しくて有意義な行事にするつもりでいます。
 誤解されがちなことを2つだけ、ちょっと強調しておきます。
★「高校生」と題していますが、どなたでもご参加いただけます。
★実践発表やパネル展示をせず、ただ来場して行事を楽しんでくださっても全く問題ありません。

 1405s10a 1405s10b
 (南極の氷の配布など、さまざまな体験ができた昨年のサミット)

 テーマと行事の概要については、6月上旬の発表を予定しています。
 また、出展・発表の申込受付開始は6月中旬の予定です。
 出展・実践発表をご希望の皆様は、このページを時々チェックしつつ、今しばらくお待ちください。
 また、来場を呼びかけるポスターを6月末に公開します。ダウンロードして宣伝にご協力いただけるとうれしいです。

 初めての皆様、お問い合わせはお気軽にどうぞ(連絡先は本校ホームページの下部に記載されてます)。
 そして、おなじみの皆様は、今年度もなにとぞよろしくお願いいたします。
高校生環境サミット | - | -

「第10回高校生環境サミット」の報告 2

11月23日に行われた「高校生環境サミット」の写真を掲載いたします。

午前のプログラムは基調講演です。
今回の演題は「水俣、福島、そして南極」でした。
講師はジャーナリストの柴田鉄治先生。水俣病の歴史と福島の原発事故を題材に「公害が隠され、救済が遅れる構図」を話された後、「環境問題・平和問題にとっての理想が実現している場所」として南極の体験を紹介してくださいました。
写真は講演の様子です。講演の後半では質疑と並行して、柴田先生に持ってきていただいた「南極の氷」をステージ上で割り、会場の皆様に配布しました。
おおよそ1~2万年前の氷だそうです。参加者は氷が出す音や感触をそれぞれに楽しみました。
 ①IMG_0350.jpg ②CIMG2217.jpg
 ③IMG_0354.jpg CIMG2234.jpg

午後はパネル展示と体験企画です。
全部で20団体に3階の会場に集まっていただき展示・発表していただきました。積極的にコミュニケーションを取る高校生や大学生、大人の方の姿を見ることが出来ました。
文字通りの展示だけでなく、ゲームやクラフト、食べ物・飲み物を通じた体験型のメニューも。本校からも「一口おからケーキ」「余り布を使ったエコクラフト」などを用意しました。いかがだったでしょうか。
 4 CIMG2251.jpg 5 CIMG2254.jpg
 6 CIMG2280.jpg 7 CIMG2269.jpg
 8 CIMG2261.jpg 9 CIMG2250.jpg
 15 IMG_0356.jpg 99 CIMG2247.jpg
 17 CIMG2277.jpg CIMG2264.jpg

プログラムの最後は高校生の実践発表です。
今回は5校の高校に、普段の活動や研究の成果を発表していただきました。質問も多く登場し、有意義なものになったと思います。
 10 CIMG2294.jpg 11 CIMG2300.jpg
 CIMG2289.jpg 12 CIMG2308.jpg

写真ではなかなか雰囲気は伝えられないものだと感じています。来年の11月23日(予定)は、是非つばさにいらしてください。

お待ちいたしております。
高校生環境サミット | - | -

「第10回高校生環境サミット」の報告 1

11月23日の第10回高校生環境サミットにご参加、またご協力頂きたいへんありがとうございました。
おかげさまで、無事に終了することが出来ました。
運営方法や内容等、いろいろとご迷惑をおかけしたのではないかと考えておりますが、まずは一安心しております。

 CIMG2210.jpg 基調講演の様子

今回の環境サミットについて、まず参加者に関しての報告をいたします。

参加高校(発表校・展示出展校以外からの一般参加者も含んでいます)
 群馬県立尾瀬高校、慶応義塾湘南藤沢高等部、工学院大学附属中学・高等学校、千葉県立国府台高校、
 東京都立町田総合高校、早稲田高等学院、田園調布学院、東京都立多摩科学技術高校、東京都立国際高校、
 群馬県立中央中等学校、東京都立つばさ総合高校(以上11校)

参加大学(展示団体以外からの一般参加者も含んでいます)
 工学院大学1部環境ISO学生委員会、東京学芸大学環境教育研究センター、東京都市大学ISO学生委員会、
 東京農業大学学生環境団体いそべや、鳴門教育大学(以上5校)

参加企業・団体・その他
 資源と環境の教育を考える会「エコが見える学校」(㈱三信化工、㈱チクマ、シャチハタ㈱、トーソー㈱)、
 全国高校生エコ・アクション・プロジェクト実行委員会、㈱文化放送開発センター、㈱東京流通センター、
 公益社団法人日本環境教育フォーラム、㈱プリ・プレスセンター、㈱キヤノン、㈱アサツー ディ・ケイ、㈱neige decola、
 ネッツトヨタ神戸㈱、㈱高校生新聞社、日本教育新聞社、MSマーケティング、㈱JCN大田ケーブルネットワーク、
 多摩川干潟ネットワーク、大森・馬込いろいろルーム、地域の方々 他

 参加者内訳(発表校・展示団体・一般参加者の総計です)
   参加高校生・・・・・・・・・・・・・・72名(つばさを含む)
     引率(参加)教員・・・・・・・34名(つばさを含む)
   参加大学生・・・・・・・・・・・・・・37名
     大学関係者・・・・・・・・・・・ 5名
   参加企業・団体・他(大人)・・31名
   地域参加 ・・・・・・・・・・・・・・・11名(子どもを含む)
   つばさ保護者・・・・・・・・・・・・・12名
                合計 202名

                                                                     以上です。
高校生環境サミット | - | -

一般社団法人「環不知火プラニング」からパネルが届きました

サミットもあと数日に迫りました。
今年のサミットのテーマは「公害」ということもあり、
水俣で活動をしている「環不知火プラニング」様にパネルを展示していただくことになっておりました。
一足先に届きましたので校舎内に展示しております。
「水俣の教訓」というメッセージも頂いております。
        minamata .png

           水俣の教訓
   今からおよそ50年前に企業による水銀の垂れ流しのために起こった水俣病。
   いまでも、その事件は解決しておらず私たちに多くの課題を提供します。
   先進国日本の土台がつくりあげられた当時、経済発展を重視しすぎた結果、
   経済成長の影で命・自然・コミュニティーが大きなダメージを被りました。
   心をおざなりにしたこれら「水俣の教訓」のメッセージを捉えている人はどのぐらいいるのでしょうか。
   現代日本に目を凝らすと変革できていないことが多いとすら言えます。
   過去の水俣、現在の水俣、未来に向かう水俣…から一緒に考えましょう。
   「負の遺産」は、わたしたち次第で「富の遺産」にすることができると信じています。
                                             一般社団法人 環不知火プラニング

23日の天気が心配です。
つばさは多摩川のそばという事もあり風の抜ける場所にあります。
当日は寒さ対策を取っていらしてください。

      お待ちいたしております。
高校生環境サミット | - | -

サミットの時間帯・参加団体について【高校生環境サミット】

お待たせいたしました。
「第10回高校生環境サミット」について詳しい内容が決定しましたのでご覧ください。

この催しは、環境に興味のある方、また高校生の環境活動に興味のある方ならどなたでも参加いただけます。高校生の方、中学生の方や地域の方などのご参加をお待ちいたしております。

日時 2013年11月23日(祝)
会場 東京都立つばさ総合高等学校
    大田区本羽田3-11-5  (京急空港線「大鳥居」駅下車 徒歩8分) 
時間 9時30分~16時25分(予定)

次第  9時00分~        開場
     9時30分~ 9時45分 開会式(つばさホール)
     9時45分~10時55分 基調講演 講師 柴田鉄治氏 演題「水俣、福島、そして南極」
    11時00分~11時45分 質疑・意見交換
    11時50分~12時10分 パネル展示団体の自己紹介
    12時15分~14時45分 パネル展示・体験企画等(3階ラウンジ) 
    15時00分~16時10分 高校生の実践発表(つばさホール)
    16時15分~16時25分 閉会式

パネル展示団体
〈高校〉群馬県立尾瀬高等学校、慶応義塾湘南藤沢高等部環境プロジェクト、工学院大学附属中学・高等学校生徒会、実践学園高等学校環境プロジェクト、千葉県立国府台高等学校、東京都立町田総合高等学校、早稲田大学高等学院環境プロジェクト、東京都立つばさ総合高等学校
〈大学〉工学院大学Ⅰ部学生環境ISO委員会、東京学芸大学環境教育研究センター、東京都市大学ISO学生委員会、東京農業大学学生環境団体いそべや
〈企業等〉株式会社岡村製作所、一般社団法人環不知火プランニング、経済産業省関東経済産業局、資源と環境の教育を考える会「エコが見える学校」、全国高校生エコ・アクション・プロジェクト実行委員会、株式会社東京流通センター、公益社団法人日本環境教育フォーラム、株式会社プリプレス・センター(出展協力:環境省/カーボン・オフセットフォーラム(J-COF))
                                                      (以上20団体) 

実践発表校(高等学校)
 群馬県立尾瀬高等学校、慶応義塾湘南藤沢高等部環境プロジェクト、工学院大学附属中学・高等学校生徒会、早稲田大学高等学院、東京都立つばさ総合高等学校
                                           (以上5校・・・発表の順番は未定)

その他  ●一般参加される方で、お車等でのご来校はご遠慮ください。
      ●本校は1足制の学校です。上履きは必要ありません。
      ●入場無料となっております。
      ●どの時間帯でもご参加いただけますが、必ず受付をお通りください(できれば全部見てください)。
高校生環境サミット | - | -

ポスター第2版を公開【高校生環境サミット】

 11月23日(土・祝)の「第10回高校生環境サミット」について、ポスターの第2版を公開しました。

 「第10回高校生環境サミット」開催告知ポスター10月版(PDFファイル)
 ★開催時間帯(9:30~16:00)を入れました。
 ★基調講演(講師=柴田鉄治先生・演題「水俣、福島、そして南極」)の内容を盛り込みました。
(※うまく表示されない場合は、「リンク上で右クリック→『対象を保存』」で直接ダウンロードしてから開いてください)

 ダウンロードして印刷し、ご案内がわりに、またそれぞれの学校・企業などでの来場呼びかけにご利用いただければ幸いです。

 なお、展示・発表の参加団体、展示や体験企画のメニューについては10月中にこの場で公開できればと思っております。
 今しばらくお待ちください。
高校生環境サミット | - | -
<< 2/9 >>