Tsubasa Life

都立つばさ総合高校の学校生活紹介
~生徒会広報委員が随時更新中~

1年生、いきなり2泊3日の旅へ~今年の「つばさゼミ」

私たち1年生は4月25日から27日まで、二泊三日の「つばさゼミ」に行ってきました。

16zemi1 (行きのバスより)

バスで静岡へ向かいました。
伊豆・修善寺にある「ラフォーレ修善寺」という、とても広くて綺麗な施設へ宿泊させていただきました。

16zemi2

たとえば食堂はこんな場所で、食事も豪華。
敷地も広く、緑もいっぱいで気持ちよかったです。

合宿での主な目的は「つばさ生になる」ことです。
そのために、3日間かけて「課題解決学習」に取り組みます。
その中心はクラス活動で、
「高校生活を充実させるためには」
というテーマについて、学習班に分かれて話し合いました。
意見を出しては付箋に記入し、それを模造紙に仲間分けをして貼り、それを見てさらに意見を出し合い・・・という作業を経て、自分たちの意見をまとめて発表します。

16zemi3 (クラス活動の様子)

活動を進めていくにつれて、「相手の意見を聞く」「自分の意見も大事に持つ」「発表は聞いてもらう人にわかりやすく伝える」ということの必要性やその方法を学びました。
一方で班の友達との交流も深まり、より一層仲良くなることができました。

課題解決学習は、室内だけで行われるわけではありません。
2日目には、「ウォークラリー」が待っていました。ラフォーレ修善寺の敷地内を約1時間半かけて回ります。
コースの地図をもらって、班ごとに出発。
班員で協力しながら、行く先々に用意されたクイズを解いたり、地図を見て道を探したりしつつゴールを目指しました。
たくさん歩いたので疲れましたが、班の子たちと頑張り切ることができたので、とても楽しかったです!!
ちなみに一番時間がかかった班は、2時間以上も歩いたそうです(!)

さらにクラス対抗の「スポーツレクリエーション」もあって、クラスで団結して絆を深められました。
大縄跳びは全員で同時に跳ぶのではなく、3人1組になって順番に跳んでいくというもの。
1組が83回・2組が78回という結果で、それぞれ優勝と準優勝。この2クラスがダントツでした。

16zemi4 (早朝ウォーキングで)

運動といえば、2日目と3日目の朝には早朝ウォーキングを行いました。
豊かな緑の中を歩いて、すっきり目覚めることができました。

そして、最終日。
クラス活動でまとめた内容を、それぞれのクラス内から選抜された各2班が学年全員の前で発表しました。
どの班の発表も素晴らしかったです。
堂々と発表していた班、わかりやすく説明していた班、笑いをとってくれた班などなど、それぞれの班でいいところがたくさんありました。
クラスを超えた意見を聞き入れることも大事なことだ、と気づかされました。

お昼を食べてから、ラフォーレ修善寺を後にします。
午後は、世界遺産に登録されている韮山反射炉、それから茶畑と製茶工場を見学させていただきました。
茶畑からは富士山が見えました。
工場では、お茶の良い香りがしました。

16zemi5 16zemi6
(左:韮山反射炉 右:見学をした茶畑)

私がこの「つばさゼミ」を通じて一番大事に感じたことは、
「自分の意見を持つこと、しかし自分のことだけではなく仲間の意見なども尊重して、それを楽しむ」
ということです。
つばさゼミで学んだことを、今後の飛翔祭、銀翼祭、奏翼祭、その他のクラス行事に生かしていきたいと思います。

(1年 S.O M.T)
行事 > つばさゼミ | - | -

新入生、今年も修善寺へ~つばさゼミ

私たち1年生が入学して、約1カ月。
入学後初めての大きな行事「つばさゼミ」が、4月27日から4月29日までの二泊三日で行われました。
バスで伊豆・修善寺まで行き、「ラフォーレ修善寺」というとてもきれいな施設で合宿生活をしました。

(左:ラフォーレ修善寺にて 右:周辺は緑でいっぱいです)
15tubazemi01 15tubazemi02n

(左:食事もすてきでした! 右:そして食堂からのこの眺め)
15tubazemi03 15tubazemi04

さて、合宿中に主に取り組むのは、課題解決学習です。
課題解決学習の中心は、「高校生活を充実させるために」という課題について全員で話し合い、結論をまとめて発表できる形にすることです。
発表の成功を目指すために、たくさんの話し合いを重ねました。

(話し合いとクラス内での発表の様子)
15tubazemi05 15tubazemi06

話し合いを重ねるごとに様々な意見が出て、これからの高校生活に生かせることもたくさんありました。
それだけではなく、班で話し合うことによって、まだ話したことのかったクラスメイトとコミュニケーションをとり、仲を深めることができました。
これらの経験が、これからの学校生活を楽しく過ごすという自信にも繋がりました。

(ウォークラリーでのひとコマ)
15tubazemi07

課題解決学習は話し合いだけでなく、屋外でも展開されます。
2日目のウォークラリーでは、約1時間半かけてラフォーレ修善寺の敷地内をたくさん歩きました。
クラス別に用意された様々なコースに分かれて出発。
班員と協力し、途中に用意されたクイズなどを解きながらゴールを目指します。
体力に自信のある運動部員でも疲れるほどコースは厳しく、虫もいたのでパニックになる人もいました。

(跳んだ!)
15tubazemi08

ウォークラリーだけでなく、スポーツレクリエーションも行いました。
スポーツレクリエーションはクラス全体での対抗戦で、班活動以上に団結力が試されるものでした。
大縄跳びでは3組が過去最高となる61回も跳び、先生方も驚いていました。
スポーツレクリエーションのおかげで、クラス内の友達の輪がさらに広がりました。

最終日。
みんなとの良い関係を築けたところで、ラフォーレ修善寺とはお別れです。
閉講式では、クラス内で選んだ各班の発表が行われました。

(最終日、各クラス代表の発表を聞く)
15tubazemi09 15tubazemi10

どの班の発表も素晴らしく、自分のクラスではでなかった意見も聞けたので、とてもためになりました。

私たちがこの「つばさゼミ」を通じて最も大事だと感じたことは、自主性と仲間同士の協調性です。
このことを、今後の飛翔祭や銀翼祭、合唱コンクールなどの行事に生かして、よりよい一年間にしていきたいと思います。

(1年 名無し) 
行事 > つばさゼミ | - | -

新入生記者&写真部員が伝える「つばさゼミ」

 1年生が入学して約1カ月。
 1年生にとって初めての行事・「つばさゼミ」が、4月28日から4月30日までの二泊三日で行われました。
 バスで伊豆・修善寺まで行き、「ラフォーレ修善寺」というきれいな施設で合宿生活をします。

 14tsubazemi1 (話し合いを終えて発表の準備に入る)

 合宿中に主に取り組むのは、課題解決学習です。
 課題解決学習では、「高校生活を充実させるためには」という課題に沿ったテーマを自分たちで決め、たくさんの話し合いを重ねました。
 様々な意見が出て、これからの高校生活に生かせることもたくさんありました。
 それだけではなく、班で話し合うことによって、話したことのないクラスメイトとコミュニケーションをとり、仲を深めることができました。

 14tsubazemi2 (ウォークラリーへ出発)

 もちろん、屋外でのグループ活動もあります。
 2日目のウォークラリーでは、1時間半かけてラフォーレ修善寺の敷地内をたくさん歩きました。
 班によって様々なコースに分かれ、班員と協力し、クイズなどを解きながらゴールを目指して頑張りました。
 1年5組のある班が素晴らしい得点を出し、豪華な景品をもらいました。後になってから、「景品があると知っていたら、もっと本気で頑張ったのに・・・」という声も。

 14tsubazemi3 (テーブルマナー講習もある上品な夕食)
 14tsubazemi4 (朝は豪華バイキング)

 そして、あっという間に最終日。
 閉講式では、クラス内で選ばれた班の発表が行われました。
 どの班の発表も素晴らしく、ためになることばかりでした。

 14tsubazemi5 (少し顔つきが成長したかな?・・・閉講式にて)

 私たち1年生がこの「つばさゼミ」の3日間で最も強く感じたことは、仲間と協力することの大切さです。
 このことを、今後の飛翔祭や銀翼祭、合唱コンクールなどの行事に生かしていきたいと思います。
行事 > つばさゼミ | - | -

新入生からの「つばさゼミ」の報告

 つばさ総合高校に入学し、学校生活にも少しずつ慣れてきました。
 そして先日、高校生活初めての宿泊行事(つばさゼミ)がありました。

 13tubazemi_zentai 13tubazemi_taiiku

 全体会でいちばん印象に残っている言葉は「アイスブレイク」です。
 アイスブレイクとは、会議やセミナーや体験学習でのグループワークなどの前に、初対面の参加者同士の抵抗感をなくすために行うコミュニケーション促進のための2人以上で行うグループワークの総称です。
 私たちはクラスごとのゲーム、そして学年全体でのスポーツの活動を通じて、アイスブレイクを行うことができました。
 今まで、クラスの友達と話す機会はありましたが、学年全体で話す機会があまりありませんでした。
 しかし、こういったスポーツや全体会を行うことで、学年の友達の輪が広がりました。

 13tubazemi_happyou 13tubazemi_yusyoku


 アイスブレイクの効果は早くも感じられ、学年の雰囲気が変わっていきました。
 班ごとにアイデアを出し合って課題を解決する学習活動も、とても盛り上がりました。
 食事の時も自然と会話が弾み、より楽しくなり美味しくいただけました。
 食事といえば、2日目の夕食では、ホテルの方が洋食のマナーについて教えてくださいました。
 また、豊かな緑の中で早朝ウォーキングもしました。2日目は小雨であまりよい天気ではありませんでしたが、3日目は晴天に恵まれ、気持ちよくウォーキングすることができました。

 13tubazemi_kesiki

 こうして大自然に囲まれながら2泊3日を過ごし、私たち12期生は成長して無事帰ってくることができました。

特ダネ情報
 帰りのバスで3組はカラオケをやり、担任のM先生が熱唱していたそうです。

(1年1組 H、W)
行事 > つばさゼミ | - | -

つばさゼミ 学校到着

16時10分、学校へ無事到着しました。
お疲れ様でした。

semi7.jpg

semi8.jpg

(終了)
行事 > つばさゼミ | - | -

つばさゼミ 最終日

晴れました!
しかも、気持ちのいい風が…。
semi1.jpg
というわけで、眠い目をこすりながらも気分よくウォークラリーに出発。
朝ごはんは今朝も、うれしいうれしいバイキングです。食堂エントランスからのパノラマも、よく晴れた今朝はさらに人を集めていました。
semi2.jpg
食後の8時過ぎに、二泊三日を過ごした部屋の片付けと鍵の返却。宿舎ともいよいよお別れ…

ではなくて、荷物を預けてから初日の大会議室へ。
昨日の「課題解決学習」について、各クラスで選ばれた班が全体の前でプレゼンテーションをします。
テーマは、学校生活や行事の成功から「ペットボトルの活用方法」まで色とりどり。さすが代表、身振り手振りあり、説得力豊かな内容ありで、あっという間に12組の発表が終わってしまいました。
semi3.jpg
昨夜、班員で話し合って内容をグレードアップさせた発表もあったとか。
聞く方からは拍手と礼が最初よりも自然に出てきます。
小休止を挟んで閉講式。先生方の他、ホテルの方からも講評をいただきました。
semi4.jpg
それが終わると、もう12時前。
大きなチーズハンバーグでお昼をいただき、初日に撮れなかったチャペル前の写真撮影。
semi5.jpg
あわただしく、でも楽しく撮影を済ませてバスに乗り、お世話になった宿舎と従業員の皆さんにお礼をして帰りの旅に出発しました。

帰りのバス=疲れて寝るというのが定番で、そういう号車もあるとは思いますが、記者のバスはカラオケなどで盛り上がってます♪
semi6.jpg
もうすぐ海老名のサービスエリアです。
行事 > つばさゼミ | - | -

つばさゼミ 2日目夜

さて、今日の晩ごはんは洋食です。
そしてホテルの方によるテーブルマナー講習!
椅子の掛け方からフォークとナイフの置き方まで、10分足らずのお話でしたが、さっそく実践する姿がたくさん見られました。
semi20.jpg
正式なマナーを意識するだけで、夕食の席やお料理がより華やかに感じられます。
semi21.jpg

夕食の後は、課題解決学習・夜の部です。
記者のクラスでは、午前中に仕上げた「銀翼祭の出し物」の発表について各グループで検討や練習をし、それからいよいよ発表へ。
模造紙のまとめ方が上手な班、話し方のメリハリがついていて聞きやすい班、問題点や対応策がとても具体的な班…と、それぞれ必ず長所がある6つの発表が聞けました。
そして話す方も聞く方も、挨拶や拍手が自然に出てきます。昨日からしてきた討議や発表のおかげで、みんなすっかり「つばさ生」になりました。
semi22.jpg
明日全体の前で発表する班をみんなで選び、ワイワイ言いながら集合写真を撮って、ふたたび自由時間。
今度は温泉とともに、ロビーのお土産コーナーもにぎわいます。
空では雲が切れて、十五夜の月が。
月を見ながら渡り廊下で楽しく過ごす生徒たちの姿も目立ちました。
semi24.jpg
昨日の朝と比べると、お互いの距離はぐっと縮んでいます。
その意味でも、この二日間は彼らをより「つばさの生徒」にしたと思います。

(つづく)
行事 > つばさゼミ | - | -

つばさゼミ 2日目続き

おなかいっぱい食べた後、8:30に各クラスの部屋へ。
これからお昼まで、各グループで「課題解決学習」のメイン課題に取り組みます。

記者のクラスで出された問題は「銀翼祭でのクラスの出し物を、どうやって成功させるか」。
グループごとに映画やお化け屋敷などの出し物を仮定し、まずは実現に必要な課題をどんどん出してポストイットに書いては、作業用紙に貼っていきます。
続けて、課題を分野別に分類してから、分野ごと、または個別の課題ごとに対応策を考えていくことで、問題に対する解決方法に至ります。
semi10.jpg
始まるやポストイットがどんどん作業用紙に貼られ、議論と平行しながら発表用の模造紙が少しずつ埋まっていきました。
どんどん進んだのは、昨日のグループワークの成果もありますが、みんな行事の企画者になりきって本気で取り組んでいたからです。休憩中の雑談にも出し物の話題が聞かれるほどでした。
なお、このメニューは今日の午前で終わりではなく、発表に向けてこの先も取り組まれます。

お昼の後は、スポーツセンターの体育館に移動して「スポーツ体験講座」。
といってもバレーやバドミントンはありません。
semi11.jpg
「大縄を何回跳べるか」「フラフープをいかに速く全員にくぐらせるか」などをクラス対抗で競いますが、どれも必ず全員で試行錯誤する時間が与えられます。
たとえばフラフープなら、輪の角度を変えたりフープの方を移動してみたり…と、出てきたアイデアを次々と実行して比較。この行事も課題解決学習だったわけです。
ちなみにフラフープくぐりは6組が優勝。
semi12.jpg
体も動かしたので、帰ったら一時間あまりの大休止。暑くもなく寒くもないのんびりした時間。
semi13.jpg
部屋でにぎやかにくつろぐ(?)姿もありましたが、温泉に行くのが人気でした。
今夜の夕食では、何か特別なことがあるようです。
semi14.jpg
(つづく)
行事 > つばさゼミ | - | -

つばさゼミ初日夜&2日目朝

さて晩ごはんです。
結婚披露宴にも使われる豪華なホールに、ホームルーム合宿の食事とは思えない上品な和食。
そして、夢中でグループワークをやったおかげで新入生はおなかペコペコ…しっかりと、でも行儀よくいただきました。
semi05.jpg
この間も雨は降り続けていて、夜になっても止む様子がありません。
でも、みんなは元気です。温泉を楽しんだり、すっかり打ち解けた仲間同士で話し込んだりと、いつもと違う夜を消灯まで満喫していました。
semi04.jpg
翌朝。
すっかりいい天気!…ではないものの、いちおう雨は止んだので、6:30から緑豊かな敷地内でウォークラリー。
semi03.jpg
戻って昨日の夕食会場に行くと、バイキングが待っていました!…どうなったかは言うまでもありません(笑)
semi02.jpg
ちなみに、食事会場のエントランスからの眺めは素晴らしいです。
semi01.jpg
(つづく)
行事 > つばさゼミ | - | -

平成25年度 第12期生 つばさゼミ1日目

新入生のホームルーム合宿、「つばさゼミ」が始まりました。
semi01.jpg

semi02.jpg
朝8時ちょうど、全員揃って予定どおり出発。
伊豆・修善寺を目指して、大型バスが次々と校門を出ていきます。
semi03.jpg

semi04.jpg

渋滞もなく、ちょうど3時間で研修施設「ラフォーレ修善寺」に到着。
semi05.jpg

ただ、あいにくの雨でチャペル前での集合写真は延期。ハンカチ落としやお絵描き大会などで、少し長い昼休みを楽しく過ごしました。
semi06.jpg

13時から、大きな会議室で開講式と全体での学習です。
これから始まる「課題解決学習」について、説明と簡単なクイズを使って勉強しました。
semi07.jpg
14時半に終了。小休止を挟んでクラスごとのグループワークです。
「他人紹介ゲーム」で打ち解けた後、「月面で遭難した」という想定で持っていく物の優先順位を決めるプログラムに取り組みました。
まず個人で考えてから、グループで意見を出し合って結論を出し、順番に発表。まとめるのに苦労するほど議論が盛り上がり、あっという間に夕食近くになりました。
semi08.jpg
行事 > つばさゼミ | - | -
1/4 >>