Tsubasa Life

都立つばさ総合高校の学校生活紹介
~生徒会広報委員が随時更新中~

パフォーマンス部門優勝!Dance同好会です!!

お待たせいたしました。銀翼祭パフォーマンス部門最優秀賞(5連覇)のDance同好会です。たくさんの応援、今年もありがとうございました!
さて早速ですが、公演風景を記載したいと思います。数が限られているため、今回は8枚の写真のみを公開します。

IMG_2217.JPG IMG_2226.JPG
IMG_2257.JPG IMG_2295.JPG
IMG_2496.JPG IMG_2379.JPG
IMG_2700.JPG IMG_3027.JPG

以上です!
銀翼祭で3年生は引退ですが、1、2年生は今後も活動をしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

【Dance同好会所属広報委員:Loi 写真=500#父】
部活動 | - | -

クリスマスの日のイベント

つばさでは12月25日、つまり、クリスマスに冬休み前の全校集会がありました(つばさは2学期制なので終業式ではないのです)。
その後に福祉部、チアリーディング部、ダンス部のパフォーマンスによるコンサートがピロティーで行われました!
その様子を、一部ですがリポートしてみたいと思います。

11:30頃、学校外のお客さんも集まっている中スタート!
たくさんの人が集まっています。
クリスマスコンサート全景IMGP0976.jpg


一番手は福祉部です。
サンタやトナカイ等に扮した福祉部の人たちが音楽に合わせて手話のパフォーマンスをしていました。
福祉部2_by写真部.jpg(写真提供写真部)
終わった後は、お客さんたちに手作りのペンダントを配っていました。
写真を撮っていた自分も、もらってしまいました(^^)
福祉部のペンダント.jpgもらったリースペンダント

次はチアリーディング部。
とても寒かったのに、元気いっぱいのチア部です。
数々の華やかな技は、見ていてとても楽しかったです。
チア部1.jpg チア部.jpg

最後は、ダンス部です。
ここでは紹介しきれないくらいたくさんのパフォーマンスがありました。
終盤では女子も男子もサンタ帽子をかぶって踊っていました。
ダンス部1.jpg ダンス部2.jpg

どの部活も本当にレベルが高くて、演目が終わるたびに観客からはたくさんの拍手があがりました。
つばさに留学しに来ている留学生の人も夢中でビデオを撮っていたようです。
留学生ビデオIMGP0984.jpgビデオ撮りまくりのエノ君

(1年広報K.M)
 
部活動 | - | -

☆アンサンブル同好会 紹介

こんにちわ!広報委員です。今回は今年から発足したアンサンブル同好会の取材へ行って来ました。

活動内容・発声練習
      ・ボイスパーカッションの練習、、、etc

活動日・月、水、金

場所・なぜか地学実験室 Why?

人数・いまんとこ7人(男子5人・女子2人)


HP用練習風景2.jpg HP用アンサンブル同好会.jpg
 準備運動の様子               発声練習の様子


HP用アンサンブル 銀翼祭1 .jpg
銀翼祭の本番(写真提供写真部)

顧問の紹介したいと思いまーす。
img465_file.jpg
ジュノンボーイ(アンサンブルの顧問I先生、加工ご本人)(笑)かっけぇ?
理科の先生なので地学実験室を利用してるそうです。

部長からPR頂きました。
 「最初は仲良し5人組が集まり本当に未経験の状態から始めて銀翼祭へ向かって頑張っていました。その結果、本番では成功することができ、新入部員として1年生が2人も入部し、同好会としての活動の幅も広がりました。次回の発表は未定ですが近いうちの発表を楽しみにしていてください。」
以上で取材を終わります。  
(2年広報I&U)
部活動 | - | -

国際交流ボランティア団体HUGの活動

7月11日、つばさの国際交流ボランティア団体、「HUGぶ会」が、チェチェン紛争の学習会を開きました。生徒約10名、先生約3名が参加しました。
学習会1.jpg

3年の「ぶ員」が、ガールスカウトのボランティアでチェチェンの子供に文房具を手渡しに行ったときの体験を話し、紛争でどれだけ現地の子供たちが傷ついているか、現地の暮らしがどんな風なのか、みんなに紹介しました。同時に、チェチェン紛争についてのいきさつや歴史、国際情勢や日本の対応なども、地図や資料、写真を見ながら勉強しました。
学習会2.jpg 学習会5.jpg

募金活動をしたり、現地にボランティアに行ったり、国際協力の方法はいろいろありますが、一番大切なのは、まず、世界の現状を知ることだと思いました。どんなことが世界で起こっているのか、まず、知って、それを、周りの人に伝えていくこと。そして困っている人には励ましの声を送ること。それが、少しずつ、世の中を変えていくのだと感じました。

HUGぶ会は、まだ同好会にもなっていない小さな活動団体ですが、これからもいろんな角度から国際交流を続けていきます。(HUGぶ会 顧問YM 7月15日作成)
部活動 | - | -
1/1