Tsubasa Life

都立つばさ総合高校の学校生活紹介
~生徒会広報委員が随時更新中~

百人一首大会 1日目

2月5日(木)と2月6日(金)の放課後、2日間にわたって柔道場で「百人一首大会」が開かれました。

初日、2月5日は予選と準々決勝です。
出場チームは、1年生の各クラス代表(2名ずつ)、2年生古典選択者(各講座 2名ずつ)、2年3年の有志団体(昨年の優勝・準優勝チーム含む)、そして先生方からは、近藤先生と岩田先生チーム「父と愛娘」、計16チーム・32名が参加しました。
トーナメントで優勝を争います!!

15:50ごろ、佐藤先生の司会で「百人一首大会 予選」が始まりました。
百人一首1日目 開会式 初日試合開始直前.jpg

ルール説明の間、選手は黙々と札の暗記をしていて、柔道場はしんと静まりかえっていました。
いざ、最初の句が読まれると、あちこちから”バシッ”と畳をたたく音が聞こえます。
札を取れなくて「あ~」と残念がっている声が聞こえたり、札を取れたチームは笑顔で次の句へ耳を傾ける姿などが見られました。
百人一首(1日目)2.jpg 百人一首1日目 3 対戦の様子。


予選の全体的な印象は、楽しそうな試合だったということです。
みなさん、笑顔で百人一首をやっていて、とても印象に残りました。

16:40ごろ、すべてのチームの勝負が決まりました。
準々決勝へ進んだチームはこちらです(^^)

1-5 VS 1-2
・2年有志「チームMDS」 VS 1-6
1-1 VS 講座4
1-3 VS 2年有志「ビクトリークローバー

準々決勝は予選とは打って変わって、柔道場の空気が変わりました。
本当に静かで誰一人声を出さず、札を見つめていました。
上の句だけを聞いて札を取っている選手が多く、とても驚きました。
また、札をとった後の歓声が聞こえずとても静かな緊張感あふれる試合でした。
準々決勝2.jpg 準々決勝1.jpg 緊張感のあふれる対戦。

準決勝へ駒を進めたチームは以下のとおりです!
1-2 VS 2年有志「チームMDS
1-1 VS 2年有志「ビクトリークローバー

予選後にチーム「父と愛娘」、父こと近藤先生と愛娘・岩田先生から一言ずつコメントを頂きました(^^)
百人一首 先生 先生チーム「父と愛娘」
愛娘(岩田先生)相手がすごい強かったです。ちょっと…(笑)お父さんとじゃ勝てなかった(笑)」とお父さんのせいにしている、自称・一夜漬け娘さん(^^;)
父(近藤先生)思いのほか多く札を取れました。負けたけど、楽しかったです!」と笑顔でお答えいただきました(・∀・)

2日目は1年生 VS 2年生!
白熱した戦いが予想されます!

(広報1年 M.H)
行事 | - | -
1/1