Tsubasa Life

都立つばさ総合高校の学校生活紹介
~生徒会広報委員が随時更新中~

中学生授業体験「つばさの授業」

 8月23・24日の両日、中学生を対象にした「夏休み授業体験『つばさの授業』」が行われました。
 3~4時間の本格的な体験授業を、美術・情報・福祉の3教科で開催。
 都区内の各中学校から、54名の皆さんが申し込んでくれました。

1208tubasajyugyou1 1208tubasajyugyou2
【美術「素描(デッサン)入門」】
 絵画の基本・鉛筆でのデッサンを、4人の専任教員全員の指導で取り組みました。
 普段の授業かと見まごうような、本格的な授業風景。
 2時間半かけた制作の後で教員による講評も行われ、中学生たちは真剣に聞き入っていました。

1208tubasajyugyou3
【情報「中学2年生から始める3次元CGアニメーション」】
 フリーソフトを使って、3次元CGアニメーションの制作を体験しました。
 本校の情報教育の中でも高度な内容でしたが、中学生たちは新しい作業や機能を教わるたびに夢中で操作し、「自分の作った物が動く」ことに感激。
 昼食休憩を含め計5時間という授業は、あっという間だったそうです。

1208tubasajyugyou4
【福祉「コミュニケーションを考えよう」】
 点字のルールを学び、実際に点字タイプを使って「作品」を制作しました。
 そして児童福祉(保育などのこと)の分野から、紙の端切れを再利用したリース作りに挑戦。
 どちらも実際の授業で取り組む内容でしたが、中学生たちはとても興味をひかれたようで、中には「点字タイプを買いたい」と言う人も。

 体験授業を開催した3教科は、いずれも関連のある大学などへの進学や、進学先での勉強に役立つ本格的な授業を用意しています。
 今回参加できなかった皆さんも、ぜひ9月29日の授業公開や11月の学校説明会(ここでも模擬授業を例年行っています)で、ぜひ「つばさの授業」を見に来てください!

(D)
 
行事 > 授業公開、学校見学、説明会 | - | -
1/1