Tsubasa Life

都立つばさ総合高校の学校生活紹介
~生徒会広報委員が随時更新中~

新入生記者&写真部員が伝える「つばさゼミ」

 1年生が入学して約1カ月。
 1年生にとって初めての行事・「つばさゼミ」が、4月28日から4月30日までの二泊三日で行われました。
 バスで伊豆・修善寺まで行き、「ラフォーレ修善寺」というきれいな施設で合宿生活をします。

 14tsubazemi1 (話し合いを終えて発表の準備に入る)

 合宿中に主に取り組むのは、課題解決学習です。
 課題解決学習では、「高校生活を充実させるためには」という課題に沿ったテーマを自分たちで決め、たくさんの話し合いを重ねました。
 様々な意見が出て、これからの高校生活に生かせることもたくさんありました。
 それだけではなく、班で話し合うことによって、話したことのないクラスメイトとコミュニケーションをとり、仲を深めることができました。

 14tsubazemi2 (ウォークラリーへ出発)

 もちろん、屋外でのグループ活動もあります。
 2日目のウォークラリーでは、1時間半かけてラフォーレ修善寺の敷地内をたくさん歩きました。
 班によって様々なコースに分かれ、班員と協力し、クイズなどを解きながらゴールを目指して頑張りました。
 1年5組のある班が素晴らしい得点を出し、豪華な景品をもらいました。後になってから、「景品があると知っていたら、もっと本気で頑張ったのに・・・」という声も。

 14tsubazemi3 (テーブルマナー講習もある上品な夕食)
 14tsubazemi4 (朝は豪華バイキング)

 そして、あっという間に最終日。
 閉講式では、クラス内で選ばれた班の発表が行われました。
 どの班の発表も素晴らしく、ためになることばかりでした。

 14tsubazemi5 (少し顔つきが成長したかな?・・・閉講式にて)

 私たち1年生がこの「つばさゼミ」の3日間で最も強く感じたことは、仲間と協力することの大切さです。
 このことを、今後の飛翔祭や銀翼祭、合唱コンクールなどの行事に生かしていきたいと思います。
行事 > つばさゼミ | - | -
1/1