Tsubasa Life

都立つばさ総合高校の学校生活紹介
~生徒会広報委員が随時更新中~

平日午後に見るお芝居~芸術鑑賞教室

私たちつばさ生は、5月7日(木)の午後から川崎へ芸術鑑賞教室に行ってきました。
1年生にとっては初めての、3年生にとっては最後の芸術鑑賞教室です。

今年鑑賞するのは、「ウインズ・オブ・ゴッド」という演劇。
休憩をはさんで約2時間の舞台です。
2015年8月1日。
東京お笑い名人大賞を夢見る漫才師、アニキとキンタ。
うだつが上がらずストリップ劇場のステージをクビになった二人は、交通事故に・・・
意識を取り戻すと、そこは1945年8月1日。場所は太平洋戦争末期の日本海軍。
彼らは前世の自分たちの姿である、神風特攻隊員になっていました。
時空の渦に巻き込まれた彼らは戸惑い、現実に抗いますが、日々は容赦なく過ぎていきます。
戦争という大義の前に、命を差し出すことを余儀なくされた若者達。
その中で突然突きつけられる「死」という現実。
ある者は神に祈り、ある者は心の奥に疑問を抱きつつ、それでも戦いの空に飛び立っていきます。
そして、彼らの運命は・・・

それぞれみんなが心から満足できた芸術鑑賞教室だったと思います。
全学年で舞台を見ることはなかなかないことですし、芸術を味わうことで心が豊かになり、少し立派になれたかなとも感じました。
1年生は、まだクラスメイトと知り合ったばかりだと思いますが、みんなで同じものを見て感情を分かち合うことで、さらに仲良くなれたと思います。
最後の芸術鑑賞教室になった3年生には、いい思い出になったでしょうか。

・・・さて、芸術鑑賞教室は、鑑賞だけが楽しみではありません!
お昼時に友達と一緒に少し離れた街へ・・・仲間とお昼を食べるのも楽しかったです。
これなくして芸術鑑賞教室とは言えません。
私たちはあれこれ探したあげく、めちゃ混みのファミレスに入りました。
ちょっとゆっくりしすぎて、会場まで猛ダッシュ。
こんな経験ができるのも芸術鑑賞教室ならではです。

来年も、楽しいといいですね。

(名無し)

※行事の性質上写真撮影ができなかったため、テキストのみでお届けします。
行事 | - | -
1/1