Tsubasa Life

都立つばさ総合高校の学校生活紹介
~生徒会広報委員が随時更新中~

13回目でもオンリーワン~卒業式

こんにちは!
3月11日(土)は、つばさ総合高等学校の13回目の卒業式でした。

16sotugyou1

13期生の先輩方約220名が、この日、つばさ総合高等学校を旅立ちました。

16sotugyou2 16sotugyou3

私は写真部だったので、ギャラリーから写真を撮らせていただいていたのですが、
涙ぐむ先輩方が多く、つられて私の目頭も熱くなってきました。

16sotugyou4

在校生代表生の言葉は、現生徒会長からの言葉でした。
先輩への感謝の気持ち、尊敬の気持ち、応援の気持ちなどいろいろつまった言葉でした。

16sotugyou5

卒業生代表の言葉では、代表の先輩が涙しながら話し、それにつられて先輩方も在校生も、次々に涙を流しだしました。
最後の「旅立ちの日」の斉唱では、私はたくさんの先輩が泣きながら歌うのではないかと思っていました。

しかし、涙を流す人もいる中で、笑顔で歌うたくさんの先輩の姿が目に映りました。
とても綺麗で、美しい歌声で、私は心を奪われました。

退場するとき、各クラスの担任の先生に、生徒がみんな大きな声で、
先生のへの感謝の気持ちを叫んでいて、「ああ、本当に先輩方は卒業しちゃうんだな」と、悲しくなり、残り一年悔いのないように過ごそうと思いました。

先輩方にとっては、最後の校舎、最後の体育館、最後の廊下、最後の教室、最後のクラスメイト。
なにもかもがこの日で最後になってしまいました。

新しい道に進む先輩方の背中を見て、
私たち14期生、15期生は、その背中を追い、残りの高校生活悔いがないよう、
精一杯頑張ろうと思います。

(2-6 名無し)
行事 | - | -
1/1