Tsubasa Life

都立つばさ総合高校の学校生活紹介
~生徒会広報委員が随時更新中~

第6回高校生環境サミット開催!

7月19日(日)、つばさにて、第6回高校生環境サミットが開催された。

01朝の入り口.JPG 02朝の受付.JPG 03どっと集まる高校生.JPG
 朝早くから、たくさんの高校生や大学生、企業の方々が集った。開会式は本校生徒会長やISO委員長の挨拶から始まり、デンマーク大使館のキャッチャー・グッドヒュー氏が「COP15と高校生」というタイトルで講演を行った。

05キャッチャーさん.JPG
「どの国がどれだけできるか」
このテーマが一番大切だとして、グッドヒュー氏は、今現在、先進国全体では約15%のCO2の削減を目標としていると話してくれた。だが、15%という数値の削減ではまだまだ少ないという。2050年までには50%削減すると目標をかかげている。しかし各国によって、削減の数値や、目標の期限もばらばらで、COP15を実現させるのには発展途上国の協力も不可欠である。それには、先進国が資金を出さなくてはいけないという問題が出てくる。
 ほかにも、例えばデンマークでは実践的なエコ活動をしていて、シャワーを3分で、歯磨きでは水をながしっぱなしにしない!自転車を積極的に利用する!電気もALD電球にして、電気を削減したり、リサイクルとかリデュースにも気をつかったりしている、とか、ドイツでも、牛乳パックの分別をしている、など、具体的な内容の濃い話が展開された。


11展示発表.JPG 12展示発表2.JPG 13展示発表3.JPG 14展示発表4.JPG 15体験型展示2.JPG 16参加型展示.JPG 
 午後は27団体ものパネル展示発表やティータイムなどで交流を深めた。つばさ総合のISO委員が、屋上のローズマリーを使用したハーブクッキーを用意し、皆、談笑しつつ、つまんでいた。
21好評クッキー.JPG 22好評クッキー2.JPG 23休憩中にもアプローチ.JPG

午後の後半には、つばさホールで「高校生の実践発表」が開催された。盛岡中央高校、実践学園中学・高等学校、東京都立杉並工業高校、工学院大学付属高等学校の4校が発表した。どの学校も内容が濃く、様々なジャンルで環境活動に取り組んでいた。場も盛り上がり、大変すばらしい発表だった。
41盛岡実践発表.jpg 44杉並工業実践発表.jpg

 最後の「閉会式:大会宣言」では、昼休みの会議で練り上げた宣言文を、各学校の生徒や代表者が発表した。各自緊張した様子だったが、無事宣言を終えた。

51宣言文発表.JPG 52会場拍手.JPG

宣言文の内容は以下のとおり。


第6回 高校生環境サミット 宣言文

2050年に向けて決められる二酸化炭素排出量削減の目標値は、私たち高校生も背負っていかなければなりません。
従って、その数値がどのような議論を経て決められたものなのかを私たちには知る権利があります。また、知らなければなりません。
しかし、同時に、1つの数値にまとまっていく背景には、数字には表れないさまざまな人の文化、習慣、そして人々の生活があることを私たちは忘れてはいけません。なぜなら、それらは、私たちが「Hygge」(暖かく、優しく、心地よい)明日を迎えるためのものだからです。
今、私たちの意識こそが活動を支える上で大切なのです。この意識を向上させるために、多くのことを学び、そして活動を継続していくことを、私たちはここに宣言します。



取材した感想

 今回、サミットに初参加したが意外と楽しかった。キャッチャー氏の話を聞いた高校生たちが積極的に質問をしていてすごいなと感心した。高校生がサミットを開くこと自体が珍しいことで、私たちも、貴重な体験になった。高校生の参加者も、積極的に質問をしていて、キャッチャー氏もとても真剣な顔をして質問に答えていた。理論的な意見から、ユニークな考えまで、会場の参加者の反応も大きく、とても楽しかった。
また、昼休みには、サミット宣言文作成ミーティングにおじゃました。各学校の代表者一名ずつが参加し、つばさ生が司会になって、サミット宣言文の内容の確認と、それをより良くするための話し合いが行われていた。
 最初に自己紹介をして、話し合いが始まった。数字を具体的にしたり、「温かく、心地よい」などの言葉をまとめたりと、意見がよく出ていた。途中、先生の助言なども入り、宣言文を練り上げていった。
 このサミットに参加して、周りの人たちの意識の高さを感じた。つばさの生徒もこれを機に環境のことを考えてみよう。

31宣言文ミーティング.JPG 宣言文ミーティングの様子です

(1年広報委員 とまと、N)


 今回の環境サミットには、つばさ生・またつばさ広報委員代表として初参加しました。パネル展示による、各団体の発表はとても素晴らしいものでした。
対応してくれた方々も親身になって僕たちの質問に答えてくれたので疑問に思っていたことも一つ一つ消えていきました。14:15からのティータイムはみんな、一息ついた感じでした。ISOが作ってくれたハーブクッキーがあまりにもおいしくて少し食べ過ぎてしまったかもしれません。
 今回の環境サミットは、主催する側、参加する側、両方の協力があって成り立っていたことを忘れてはいけません。
 今年の環境サミットもこうして無事に終わることができたので、広報委員として、つばさ生としてうれしく思います。
(2年広報委員 ヴァンパイア、ボンジョゲ)

53委員集合写真.JPG サミットを主催したISO委員たちです

(写真協力 写真部)
行事 | - | -

劇団四季もうひとつのミュージカル「春のめざめ」!取材報告

今回私たちは、芸術鑑賞教室で劇団四季のミュージカル「ウィキッド」を見ましたが、実はその前に、広報委員と放送委員数名で、劇団四季のもうひとつのミュージカルを、浜松町にある自由劇場というところに行って見てきました!そして、取材をしてきたので報告します。

そのミュージカルは、「春のめざめ」という作品です!

春のめざめのあらすじを簡単に説明します(∂v <)☆



ストーリー ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
 19世紀末、ドイツ。無味乾燥な授業、理不尽な教師たち、無理解な親…。
思春期の只中にある少年少女たちは、息が詰まりそうな日々を過ごしている。少女ベンドラは成長していく自分の身体に戸惑いを隠せないでいるが、母親はただはぐらかすばかり。
学校では知識を詰め込むことだけを強要され、生徒たちは自分で考えることを許されない。少年メルヒオールはそんな授業に疑問を抱き先生に反論するが、逆に体罰を受けてしまう。
 
 ある日、幼なじみのメルヒオールとベンドラは偶然再会する。
社会の情勢は、思春期の少年少女が自由に会うことや話すことを許さなかったのだ。しかし、空白の時を埋めるかのように会話をするうち、彼らはお互いに特別な想いを抱き始める。やがて、二人は肌を重ねるのだった。
 
 一方、メルヒオールの友人モリッツは夜毎「悪夢」に悩まされていた。
若者なら誰もが感じる抑えきれない衝動の中で、勉強に集中できない彼は、教師たちの陰謀によってついに落第者のレッテルを貼られてしまう。
父親からも見放され、行き場を失ったモリッツはピストルを手に森へと向かっていく…。

 次々と起こる問題に直面し悩み迷いながらも、少年少女たちは自らの心を見つめながらまっすぐに成長していく。

                                         劇団四季プログラム引用
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 「ウィキッド」が友情を題材にした物語ならば、「春のめざめ」は若者の魂の叫びを題材にしたもので

「本当はこうなんだ!」「こう思っているんだ!」

という心、魂の叫びをミュージカルにしています!
このミュージカルの中には、「衝撃的」な話題が登場します。ですが、現代ではその「衝撃的」な話題は身近なものとなってきています。
だからこそ、私はこの作品を皆さんに知ってもらいたいなと思いました。
「春のめざめ」には、私たち若者にしかわからない思いがたくさん詰め込まれています。本当の気持ち、相談できない苦しさ、大人との衝突、そして恋。
その全てを、ときにコミカルに、ときに激しく、そしてシリアスに表現しています。

 「ウィキッド」のような楽しく明るいかんじの歌やダンスと比べると、「春のめざめ」は、ロックスターのように歌をうたい、ダンスは壁に上ったり舞台上を跳んだり跳ねたりと、勢いと激しさに包まれています!

詳しい内容やインタビュー取材の様子を載せた新聞を、各学年のホームルーム、ホームベースに掲示しておくのでぜひ見てください(> v <)♪

そして、興味を持った人へ。広報のほうで7月31日まで学生用チケット割引できるFAX用紙を持っていますので、欲しい方は、総務情報部広報担当の先生に申し出てください。

「春のめざめ」は8月31日まで公演しています。是非見に行ってみてください。

(3年広報委員 にゃー)
日々のできごと・・・ | - | -

芸術鑑賞教室で 『ウィキッド』を見ました!

2009年7月15日水曜日、芸術鑑賞教室として、全学年で劇団四季のミュージカル「ウィキッド」を見に行きました。会場は新橋駅から徒歩約6分、汐留駅から徒歩約2分の場所にある電通四季劇場[海]です☆

ウィキッドポスターとチケット.jpg wicked.jpg

「ウィキッド」は「オズの魔法使い」のストーリーをベースにしてるけれども、オズの魔法使いを知らない人でも楽しめるストーリーになっています。

〔参考までに オズの魔法使い あらすじ〕
竜巻により家ごと飛ばされた主人公のドロシーは飛ばされた際、東の魔女を家でつぶし殺してしまう。その後、東の魔女が持っていた赤い靴を履いたドロシーは、かかし、ブリキ男、ライオンと共に南の善い魔女のアドバイスのもと、それぞれの願いを叶えてもらうためオズの魔法使いのいるエメラルドの都を目指すのだが、、、赤い靴を狙った西の悪い魔女が邪魔をしてきて、、、〔あらすじ終わり〕

ということで、ミュージカル「ウィキッド」は、この「オズの魔法使い」に登場する魔女たち、つまり、のちに皆に希望を与え、強く生きる南の善い魔女グリンダと、町の人々を震え上がらせる邪悪な西の魔女エルファバ、2人の学生時代からの友情を描いた物語です。

出発前の学校での事前指導では、「ウィキッドをもっと楽しむため」のプリントが配布されたり、役者さんの練習風景や舞台スタッフの仕事内容などのVTRを見たりしました。影で努力している人々の様子や、舞台スタッフたちの絆などもうひとつのドラマが感じさせられ、楽しみにしてきた気持ちがもっと強くなりました。

そして、開幕。舞台装置、照明、音楽がコロコロ変わり、場面の展開にアクセントをつけています。また、衣装も華やかかつ、個性があるので、キャラクターの魅力を引き立てていました!

西の魔女エルファバを演じた役者さんの歌唱力はすごすぎです!!あまりにも素晴らしすぎて何度も鳥肌が立ちました。また、グリンダとエルファバの、ぶつかり合いながらも互いを思いあう友情にジーンときました。周りの人たちもみんな泣いていました。ストーリーが終わると観客の拍手がなかなか鳴り止まず、何度も何度もカーテンコールが続きました!生徒の中には立って拍手する人もいたくらいです!!

「オズの魔法使い」の話にちゃんと繋がっているので、次に「オズの魔法使い」を見たときは、違う考えや視点で見れそうです!あなたの「オズの魔法使い」の常識が変わるかもしれません!!2回でも3回でも、何度見てもあきないと思います。

夢と希望と魔法をくれたウィキッドは、高校生活で最高の思い出となりました☆★

3年広報委員 さくらんぼ♪  写真協力 写真部ナッカー、広報2年Y☆Y
行事 | - | -

学校見学会

 今日は、学校見学会がありました。大勢の中学生が来校してくれて、とても賑わいました。

校門看板.jpg 校門の看板

内容は、全体会(場所:つばさホール)、個別相談(1F図書室)、模擬授業、
生徒による学校案内ツアー、部活動見学。

全体会では、部活や委員会で頑張っている生徒たちが発表しました。
全体会生徒発表.jpg 生徒の発表

学校案内ツアーは、我々広報委員と、生徒会、そしてボランティアの生徒たちが担当。
ツアー風景.jpg ツアー看板
ツアー風景と、広報委員が製作したツアー看板です。

模擬授業物理.jpg 体験授業(物理)
U磁石とクリップでモーターを製作。

模擬授業日本史.jpg 体験授業(日本史)
大根、和紙などの実物に触れながら、江戸時代の人々の環境意識を学習しました。

 三⊂二二二( ^ω^)二⊃「感想」
今回僕は、学校案内ツアーを初めて担当しましたが、緊張というか、説明するときに頭が真っ白になって、うまく話せませんでした。グダグダになってしまいましたが、精一杯頑張ったので、それが伝わってくれれば幸いです。お世話になった先輩方にも感謝です。

集計によると、全部で約500人の来校がありました。来てくださった方々、どうもありがとうございました!
11月にはまた、学校説明会がありますので、是非いらしてください!

模擬授業国語.jpg 体験授業(国語)
ビデオを観ながらのメディア学習でした。

模擬授業工芸作品.jpg 模擬授業工芸.jpg 体験授業(工芸)
ペーパークラフト作成。

模擬授業福祉.jpg 体験授業(福祉)
利き手を使わずに、折り紙を折る体験をしました。

 三⊂二二二( ^ω^)二⊃「宣伝」
今日のツアー中、明日7月19日に本校で行われる、ISO環境サミットの準備が行われていました。ISO委員の生徒たちが頑張って準備してきたので、是非、いらしてください。

広報1年 「ヽ(´・ω・`)ノ」  写真協力写真部
行事 > 授業公開、学校見学、説明会 | - | -

1学期終業式

本日終業式で1学期が終了しました。
終業式では、新しい生徒会のメンバーが紹介されました。
また、部活動の表彰などもありました。

新生徒会紹介.jpg 新生徒会の挨拶 

その後、ピロティでダンス同好会とチア部が合同で3年生最後となる発表を行いました。

0717ダンス.jpg チア引退.jpg 

また、中庭では茶道部が新しい赤い傘を買ってお茶の練習をしていました。
茶道部中庭野点.jpg 茶道部の練習風景

明日は学校見学会です。そしてそれと同時に夏休みが始まります。

夏休みには、つばさの生徒たちが色々な部活やボランティアで様々な活動をすると思いますが、僕もバテないように頑張りたいと思っています。

(1年広報ボランティア。haaaaan。)
行事 | - | -

期末テスト。

七月の最初に期末テストがありました

私達1年生は二回目のテストです

やり方が分かってきたせいか平均的に出来たと思います
だけど、中学の時と違って内容が濃く、広いので中々覚えられないという事がありました

結果はどうであれ皆頑張っていたと思います

(1年広報 N.I)
日々のできごと・・・ | - | -

自慢の屋根付きプール

六月の終わりからプールが始まりました!
高校生になって初めてのプールなのでどんな感じなんだろうと楽しみでした(・∀
・)

そして授業本番、実際に入ってみて思ったことは、まず中学生の時よりも広く感じたこと!
そして屋根があるので雨の日でも安心してプールに入れる!(笑

私は体育は苦手なのですが、水泳は好きなのでこの設備は嬉しいですね^^*

これからこのプールで水泳を学べると思うと夏が待ち遠しく感じます(笑
筋肉痛にならない程度に頑張っていきたいです><


(1年広報 翡翠)
日々のできごと・・・ | - | -

第11回関東チアリーディング大会

6月14日日曜日にチアリーディング部は
代々木体育館で行われた、関東チアリーディング大会に出場しました。

11


前回に引き続きエキシビジョンでの出場ではありましたが、
今後に向けて、また後輩や新入生のみなさんに残せるような演技であったと思います。
失敗もありましたが、これを踏まえ更に良い演技にしていきたいです。

yoko1 yoko3


最後になりましたが、応援や協力をしていただきました先輩方、先生方、また当日会場に来てくださった方々本当にありがとうございました!
そしてこれからもよろしくお願いいたします。

yoko2


3年広報委員 BYAAAAA
部活動 > 運動部 | - | -

【ちょこっとレポート】1年4組クラス紹介

1-4徳田先生.JPG 担任の先生の後ろ姿です。

1年4組のクラスは、賑やかで、授業には積極的に参加しています。
たまに、うるさくて先生に注意されるけど、会話が止まらないぐらい、それぞれ充実した"つばさLIFE"をおくっています。

担任の先生からクラスへのコメントを貰いました。

「クラスが打ち解けるのが早かった分、どのクラスよりも盛り上がります。でも、オブラートに包まなかったらうるさいです。これほどの活気があったら、銀翼祭はうちのクラスが優勝間違いなし!」

副担任の先生からは・・・・

「とても、明るいクラスで活気があると思います。時に話が脱線する時もあるが、そこが4組の味!」

先生たちの言うとおり、元気なクラスで毎日が楽しいです。



広報1ー4(とまと&N)
日々のできごと・・・ | - | -

【ちょこっとレポート】教育実習生インタビュー

6月の教育実習で、私たち吹奏楽部の大先輩である2期生の森先生が
音楽科の実習に来られたので、インタビューしました!

Q1:先生として後輩と接する時の気持ちはどうですか?
A1:決して先輩としての自分は出さないようにしようと決めていました。
団体の一員や個人として明らかに自覚に欠けた行動をとっている生徒がいた場合、また、本来やるべき事をしないで別の事に取り組んでる生徒がいる場合など、必要に応じて厳しい対応をしてました。また、私の力を必要としてくれる生徒に対して、別け隔てなく誠実な態度で臨む事を意識していました。
先輩としての自分は、そういう所に関して多少ルーズな部分があるので、そこは絶対出してはいけないと心に誓って取り組んでいました。

Q2:実際に授業をしてみてどうですか?
A2:色んな生徒がいるなというのが正直な感想です。
音楽の授業は大きく分けて4つの分野があります。歌・楽器・鑑賞・創作です。その全てに興味があったり得意だという生徒は、いくら音楽選択者といっても少数派だという印象を受けました。
歌ひとつとっても、合唱かポップスかクラシックか・音域はどうか・楽譜はどの程度読めるのか等、全員が全員興味の対象も持っている技術も、また、それを授業中に発揮してくれるかどうかという点でも、大きく違います。
そういった中で、いかに生徒全員にとって面白い授業を展開していくか、身に付けさせる授業をするかを考えていく必要がありました。それを暗中模索していたら3週間経ってしまったというのが現実です。

Q3:先生になりたいと思ったきっかけはなんですか?
A3:学校教育という現場にとても興味がありました。
音楽だけを教えるのなら、町の音楽教室で働けば良いのですが、それだけではダメなのです。HRや委員会等で社会の一員としてのあり方を学んだり、部活や進路等で壁にぶつかりつつもそれを乗り越えていく生徒達の成長を、時に見守ったり厳しく接したりしながら、サポートしていきたいと思ったからです。
また、先生と生徒の関係は、担任(担当)じゃなくなったから終わりという関係ではありません。
卒業してからも、極端な話、死んでもその関係は崩れません。そこに憧れたというのも、きっかけのひとつです。

Q4:今のつばさ生を見てどう思いましたか?
A4:私が現役生だった時とそこまで大きな違いは無いと思います。
私が担当したクラスに、現役生時代のクラスメイトに雰囲気がそっくりな人がいたりして懐かしかったです。

Q5:最後に一言お願いします!
A5:いっぱい悩んで色んな経験をして下さい。そして、その時の自分を忘れないようにして下さい。部活・進路・勉強・人間関係・バイト・恋愛・家庭等で、時に嬉しくなったり時に悲しくなったりすると思います。時間よ止まれと思ったり自分なんか消えちゃえと思ったりした時の自分を、どうか覚えていて下さい。
それはきっと後々になって、他人に優しく出来る手助けになったり、自分を奮い立たせる時のきっかけになったりします。
いっぱい悩んで色んな経験をして下さい!



教育実習が終わってから2週間経ちます。
私たちにとってもすごく思い出に残る期間でした。
本当にありがとうございました!

(吹奏楽部所属広報委員2年 S.R)
日々のできごと・・・ | - | -
1/2 >>