Tsubasa Life

都立つばさ総合高校の学校生活紹介
~生徒会広報委員が随時更新中~

一学期の「産業社会と人間」から

つばさ総合に入学してはや3ヶ月。季節もすっかり春から夏になってしまいました。
今回は、総合学科ならではの授業『産業社会と人間』で体験したメニューを2つ紹介したいと思います!

1つ目は『R-CAP』です。これは適性のある職業や学問、興味・関心のある分野、自分に合った周囲や社会との関わり方を、8つのタイプに当てはめて教えてくれる診断テストです。
質問は量が多くて大変でしたが、その分、結果はとても興味深かったです。
当たっている人、全く当たってないない人がいる中、私の結果は結構当たってる方だと思いました。
また、興味・関心の円グラフや職業や学問の適性度も、差があまりない人や逆に大きく偏っている人など様々でした。
これからの進路選びや、二年次の選択科目選びに役立てたいです。

2つ目は『学校調べ』です。行きたいところや、気になっている大学や専門学校について進路指導室で調べました。
進路指導室はまるで図書室のように環境が良く、様々な資料があるので、調べたい学校があれば気軽に調べられる便利な場所です。
私は進路が決まっていなかったので、気になる大学や関わりがありそうな大学について調べました。
そして名前も知らなかった大学を新たに知ることができ、また知っていた大学についても、より深く知ることができました。
この機会を、これからのために活かしていきたいと思いました。

14sansya
(調べて得たものを、このように発表する機会もあります)

(1-6 S.R H.K)

=補足=
「産業社会と人間」は、総合学科の1年次に置かれる授業です。
自己分析や職業調べなどを通じて少し先の将来を描き、そこから高校卒業後の進路や二年次以降で学ぶことなどを決めていきます。
授業・先生 | - | -

本日(7/11)の授業について

本日(7/11)は通常どおり授業を行います。
ただし、今後も気象情報に十分注意してください。
(始業までに自宅待機に変更になる場合があります。詳細は下記参照)
http://www.tsubasa-h.metro.tokyo.jp/information/index.html
- | - | -

今年も熱戦、第13回飛翔祭!

中間テストも終わり、半袖の生徒が増えた頃、飛翔祭の準備は始まりました。
応援団の生徒たちや団旗を制作する3年生は、連日、放課後も下校時刻ぎりぎりまで居残ります。
練習開始から本番まで2週間もなく、時間はあっという間に過ぎました。

そして、眩しすぎる太陽の下で迎えた本番当日。
全校18クラスが、6クラスずつ「赤」「青」「黄」の三団に分かれて優勝を争います。

14hishou01 14hishou02
(左:吹奏楽部のマーチングを先頭に入場行進 右:各団団長による選手宣誓)

午前は学年別の全員リレーと、1年全員による「結足リレー」・2年全員の「むかで競走」などが行われます。
これはクラスごとに結果が出されます。そのため、同じ団の中でも競争を意識する場面が時々見られました。

14hishou04 14hishou03
(左:2年生は全員むかで競走 右:1年生の結足リレーにて)

その後は、今年から始まった団対抗の選抜種目「走り綱引き」。
見ている方もおおいに白熱しました。ちなみに1位は黄団、2位に赤団、3位が青団。
14hishou05 14hishou06
(左:女子が綱引きを始めたところへ男子がトラックを半周して駆けつける 右:そして男女全員で必死に綱を引く)

エキシビジョンの「部活動対抗リレー」で午前の部は終わります。
午前の結果は、1位=青団 2位=赤団 3位=黄団 でした。
午前の競技が全て終了するとおなかはぺこぺこ、待ちに待った昼食の時間。
この時だけは団に関係なく仲良くお昼を食べました。
そして、昼休憩の後は応援合戦から始まります。

14hishou07 14hishou08
(応援合戦の演技。どの団も半月がかりで準備してきた)

トップバッターは赤団。燃える『漢』を具現化したような力強い躍りと曲でした。
次の青団は、曲にあわせた振りが可愛らしくて面白く、好感が持てるものでした。
最後の黄団は人数が多く迫力がありました。小道具に黄色のボンボンを使用し、『可愛い、カッコイイ、面白い』をうまく使いわけていました。人数が多いのにも関わらずフォメーションがきれいで素晴らしかったです。
どの団もクオリティが高く甲乙つけがたいモノでしたが、結果は、1位=黄団 2位=青団 3位=赤団でした。
また、団旗も来場者の投票で順位がつきます。
こちらは、1位=青団 2位=赤団 3位=黄団でした。
青団の団旗制作に関わった生徒は、
「積極的に意見を出し合ってぶつかることもありましたが、運動で貢献できない分ここで結果を出せてよかった」
とコメントしていました。

続いて名物の3年全員による騎馬戦。男女別に、まず3団の全騎で戦ってから、大将戦を総当たりで行います。勝敗が決定するたびに下級生から大歓声や大きな溜息が。

14hishou10 14hishou09
(騎馬戦。男女とも騎馬を崩し合う本格的なスタイル)

その後は飛翔祭名物その1・女子全員の棒引き。グランドの中央に並んだ大小の棒を必死に取り合います。
そしてクライマックスは名物その2・男子全員による棒倒し。棒引きともども3団の総当たり戦で、やる方も見る方も一番熱くなる競技かもしれません。

14hishou11 14hishou12
(左:勝利の表情 右:倒すか、倒されるか?!)

・・・ところで、午後の途中から得点の掲示があえて動かなくなります。
結果はやってからのお楽しみ、ということかもしれませんが、今年はどの団も引けをとらず接戦で、特に結果が読めません。それだけに応援にも力が入りました。

すべての競技が終わって、閉会式。
応援合戦や団旗などの表彰が行われた後、いよいよ総合順位の発表です。
優勝:青団
2位:黄団
3位:赤団
優勝した青団はもちろんですが、他の団も歓声を上げて、団長や応援団長、そして仲間たちの活躍をたたえ合っていました。

14hishou13 14hishou14
(左:男泣きする団長 右:団旗と制作者たち)

こうして飛翔祭は幕を閉じましたが、三年生を中心に、記念撮影をして名残を惜しむ姿がいつまでも見られました。
来年も、今年に負けないぐらいに盛り上がりますように。

(3-1 K)
行事 > 飛翔祭(体育祭) | - | -
1/1