Tsubasa Life

都立つばさ総合高校の学校生活紹介
~生徒会広報委員が随時更新中~

いざ長崎~修学旅行記 最終日

今日の起床は6時ちょうど。
冬の長崎は、まだ真っ暗です。
東京に送る荷物をロビーに持っていき、それが済んだ順に朝ごはんを食べてから外を覗くと、やっと明るくなっていました。

150213-1
(ホテルから今朝の長崎)

街を歩きたくなるような、いい天気。
でも、今日で長崎とはお別れです…
おおっと、部屋の掃除しなきゃ!
…なんで今日だけそんなに早起きで忙しいのかというと、出発が8時だからです。
あわただしく乗ったバスが動き出すと、ほとんどの人が眠りの国へ。
その間にバスは楽しかった長崎市内を離れ、高速道路に入ります。

2時間半ほどしてバスが着いたのは、福岡県・太宰府天満宮の門前町。
いい感じの門前町と境内を、バスガイドさんの先導で歩いていきます。

150213-2
(バスガイドさんの案内を聞く)

最終目的は天満宮詣りなのですが、集合写真と昼食場所の説明が済むと、残る自由時間は20分ちょっとに。
しかし、それでも天満宮に駆け込んでお守りをゲットしてくる人も結構いました。
かたや、境内の絵馬や「和」な雰囲気をのんびり楽しむことにした人たちも多数。記者も今回は後者にしました。

150213-3 150213-4
(雰囲気を楽しむ人たち)

門前の食堂に集まって食べたお昼ごはんは、上品な和食のお弁当。
急に傾向やボリュームが今までと変わりましたが、みんな、これはこれでおいしそうに食べていました。

150213-5
(みんなで食べるのもこれでラスト)

食後は5分ほど歩いて、九州国立博物館に。
主に九州にちなむ、歴史や民俗学、考古学についての一大博物館です。

150213-6
(これは入口で、建物はすごく大きいです)

一大博物館なのですが、ここも40分ぐらいしか時間がありません。
とても見きれないと思ったのか、かえって早めに出てきてしまう人もいました。
天満宮とあわせて、「もっといた~い!」という声も。
大人になったらぜひもう一度。

そのあと30分ぐらいバスに乗って、13時台後半に福岡空港に到着。
バスの乗務員の方にお礼を言ってから、ターミナルビルの中へ入ります。
もう長崎じゃないのにまだお土産を買おうとする猛者もいましたが、飛行機を遅らせたりすることなく、定刻の15時に出発。
またもや離陸時にどよめきが聞こえたものの、少しすると、すやすや眠る姿や席で静かに話したり遊んだりする姿が中心に。
行きとはずいぶん雰囲気が違います。

150213-7 150213-8
(機内にて・ちなみに景色も最高でした)

疲れたというよりは、あっという間だった4日間をじっくり噛みしめている…そんな寝顔や笑顔をみんなしていました。
そして16時33分、羽田空港のエプロンに到着。
これで12期生の修学旅行が終わりました。
この旅行を準備してくれた皆さん、暖かく見守ってくれた皆さん、本当にありがとうございました!

(終わり)

【現地特派員 D】
行事 > 修学旅行 | - | -

いざ長崎~修学旅行記 三日目その2

北へ引き返して長崎駅前を通り過ぎ、初日に来た平和公園のすぐそばへ。
カステラ屋さんの2階で待っていたのは…

昼食1 昼食2
(「和泉屋」でお昼ごはん)

名物・皿うどん!しかも具だくさん!
他にもエビチリや酢豚風の肉団子などが並びます。
くるくる回る中華のテーブルを囲んで、楽しくお昼をいただきました。

下のお店でちょっと買い物をしてから、さらに北を目指します。
30分もしないで、海が見える広い農場みたいな場所へ。

階段
(「あぐりの丘」という西洋農村風のレジャー施設)

今度はここで、カステラ作りをします。
ふわふわした食感のカステラができる、ひと工夫加えた作り方を教えてくれるそうです。

卵

まず、湯煎したボウルに玉子を入れて、白っぽく泡立つまでかき混ぜます。
「玉子が白っぽくなんかなるのかなぁ」
そう思いましたが、交替で頑張っているうちに白くなりました。
次に、砂糖を数回に分けて入れます。
入れては混ぜて、溶けたら入れての繰り返し。

男子

砂糖を混ぜ終わると、蜂蜜を少々入れてかき混ぜ、サラダ油を少々入れてまた混ぜます。
ここまでくると、だいぶ粘りが出て重たくなってきました。
どのグループもみんな、ムキになって混ぜ始めます。

小麦粉

ここで小麦粉を、ふるいにかけて少しずつ入れます。
小麦粉を入れたら今度は一転、ヘラで軽く混ぜるだけ。
そして型に流し込みます。

型へ

ここまでで30分ぐらい。
焼くのは施設の方でやっていただけます。
外に出て、相撲灘と呼ばれる海を眺めながら焼き上がりを待ちました。
そして40分後に部屋に戻ると、甘~い匂いが。

完成
(完成したカステラと一緒に)

「おいしいー!」
言われたとおりに、スポンジケーキみたいなフワフワのカステラです。しかも焼きたて。
カステラ作りには違いありませんが、新しいカステラを発見したような気分でした。

夕方。空はすっかり晴れています。
万華鏡と食べきれなかったカステラを手に、うれしい気分でホテルに帰ってきました。
でも、うれしいのは、お土産のせいだけじゃないと思います。
イルカや造船所を見に行った人たちも、ヨットに乗ってきた人たちも、みんなうれしそうな顔をしてたからです。
明日の最終日も、うれしい思い出が作れるといいですね。

(つづく)

【現地特派員 D】
行事 > 修学旅行 | - | -

いざ長崎~修学旅行記 三日目その1

3日目は、朝からあいにくの小雨。
ただ、風や寒さは厳しくありません。

今日は、4つのコースに分かれて体験学習です。
何かを作ったり、船で海に出たり、珍しい場所を見学したりとメニューは色々です。
記者が行くのは「長崎の文化体験」。
長崎の物産にまつわる物作りを体験しに行きます。

女子グループ
(これから万華鏡を作ります)

バスに乗ってまず向かったのは、グラバー園のふもとにあるガラス工房。
これから万華鏡を作ります。
テーブルには、色とりどりのキレイなガラスの粒が器に盛られています。
「わ~、これからコレ使うんだ~」
と思いましたが、それを使うのは結構先なんだそうです。

男子グループ
(鏡を貼り合わせる)

まずは細長い鏡を3枚、裏返しにしてテープで貼り合わせます。
「これの何が万華鏡なの…?」
よく分からないまま、今度はそれを折って、鏡の面を内側にした三角柱に。

三角柱
(これがその「三角柱」)

「おーっ!」
覗いてみると、中は三面の合わせ鏡。
みんな喜んで覗きながら、ようやく万華鏡の大事な部分であることに気がつきました。
これを筒に入れて、覗き口の方に透明なキャップをつけます。
ここでいよいよ、中にキレイなガラスの粒を…?

色
(ガラスの粒を選ぶ)

と思いましたがガラスの粒は筒の中ではなく、別の透明なケースに入れて、そのケースを筒の先に付けるのです。
で、このガラスの粒を選ぶのが、とても大事で大変な作業。
美しい色の組み合わせを作るのが難しく、かといって粒を入れすぎると暗くなってしまいます。
というわけで、覗いては入れ直して…を繰り返す一同。

筒を覗く
(う~ん、もうちょっとだなぁ~)

そして、ようやく納得できたら筒に千代紙を巻いて…
完成!

完成
(完成品)

夢中のうちに時間が過ぎて、1時間の予定が少しオーバーしてしまいました。

今度はバスで市内を南へ向かい、丘を越えて海のそばへ。
着いたのは「長崎市ペンギン水族館」。
ここを1時間ほど見学します。
ペンギンの種類数日本一という、思い切ってペンギンに特化した水族館。
あまり大きくはなく、ただ回るだけなら30分あれば十分なのですが…

ペンギン1 ペンギン2
(ペンギン水族館にて)

ペンギンって、かわいいですよね~。
そんなわけで、みんなペンギンを眺めたり撮ったりして1時間を目一杯有効に使いました。

水族館を出ると、雨は上がり、空が明るくなっていました。
この後は、場所を移してお昼ごはん。
ある先生によると、「期待していい」とのこと。楽しみにしながらバスに乗り込みます。

(つづく)

【現地特派員 D】
行事 > 修学旅行 | - | -

いざ長崎~修学旅行記  二日目その2

やってきたのは新地中華街。

中華街
(中華街にて)

横浜のに比べるとずっと小さなチャイナタウンですが、それでも中華のお店はいくつもあります。
勢いでササッとお店に入る班もいれば、決められなくて行ったり来たりする班も見かけました。
「ていうかさ、1つのお店だけじゃもったいなくない?」
そう考えて、露店売りをしてる角煮まんや大きな肉まん、ごま団子や小籠包などをハシゴして昼ごはんにするグループも。
ちなみに記者もそうなりました(笑)

中華街を抜けて西浜町という、にぎやかな町へ。
ここからまた路面電車。

路面電車
(路面電車の走る街)

電車内やあちこちの停留所で何回もつばさ生に会いましたが、みんな下の写真のように、おしとやかにしていました。

路面電車
(停留所で待つ生徒たち)

史跡を少し見てから、貴重な土木遺産・眼鏡橋がかかる川辺へ。
………ん?

男子

眼鏡橋の手前で男子11人が遊んでいますが、もちろん橋をきちんと観賞した後でのことです(笑)
やや遅れて、女子12人も負けじと挑戦。

女子

落ち着いた、いい雰囲気の川辺。
そしてここの石垣にも、幸せのハートストーンが!
なので、ここも人気のある場所でした。

メガネ女子

そんなこんなで、気がついたら14時台も後半。
お土産を買う時間を差し引くと、あちこち見て回るのはそろそろ終了です。
多くの人は、長崎駅前に戻って駅ビルへ。
でも中には、中華街や西浜町でいいお店を見つけた人もいたようです。

お土産
(長崎駅前にて)

そして、降りてきた道を必死に登ってホテルに帰ります。
一部の人はこっそり見つけておいた路線バスで楽々と帰ったようですが(笑)、とにかく全員時間までに無事戻ってきました。

さて、夜。
今日の夕食は、昨日よりさらにすごかったです!

夕食
(夕食の様子)

エビチリに春巻にお刺身にサイコロステーキに角煮まんにカレーソースに…
中華なのか和食なのか?はたまたどこかのエスニック料理なのか?これが事前学習で出てきた「和華蘭文化」ってヤツなのか?!
とにかく豪華で、ごはんがいくらあっても足りなさそうな料理の数々。
そしてもちろん、おいしかったです!

入浴や自由時間も、今日はたっぷり取れました。
おかげでみんな元気です。一日歩いて疲れてますが、リラックスしています。
明日はもっと、面白い一日になりますように。
あ。
角煮まんを一日で3つも食べられて、記者は幸せです(笑)

(つづく)

【現地特派員 D】
行事 > 修学旅行 | - | -

いざ長崎~修学旅行記 二日目その1

二日目は朝から夕方まで、長崎市内の班別行動。
各自で取り組んできた調べ学習の検証、という位置づけもありますが、楽しみなこともたくさんあります!

朝9時。
天気は曇り時々小雨ですが、昨日より暖かいです。
まずはホテルを出なければいけませんが…

ホテル遠景
(長崎駅近くから見たホテル)

上の方に見えるのがホテル。
この高度差を、階段になった道でほぼまっすぐに降りるところから始まります。
「もう脚ガクガク~」
「明日筋肉痛だ~」
という声も聞こえましたが、とにかく山を下りて長崎駅前へ。
ちなみにこの写真を撮ってる場所はお寺で、勝海舟が長崎時代に住んだという史跡です。

(電車の停留所を見下ろす写真)
(長崎駅前の停留所)

長崎駅前からは、ほとんどの人が路面電車で最初の行先を目指します。
路面電車は市内の主な場所をほぼカバーしている上に、500円で1日乗り放題の切符もあるので便利です。
記者も、駅近くにある「日本二十六聖人殉教の地」を見てからすぐに路面電車に乗り込みました。
途中で乗り換えを挟んで、「大浦天主堂下」へ。

坂道
(天主堂への坂道)

天主堂とグラバー園に向かう坂道を登り始めると、両側からいい匂いが。

角煮まん
(角煮まんと男たち)

角煮まんの誘惑に負けている人がいっぱいいました。
もちろん、記者も負け組に(笑)
そんなに大きい食べ物じゃないのですが、中の角煮がこってりしてて、1つでおなかいっぱいです。

坂道を登るとまず大浦天主堂があって、ここに寄るつばさ生ももちろんいます。
でも一番の人気は、その先にあるグラバー園。
緑の中に点在する、歴史を物語るロマンチックな洋館。
園内の石畳の中に隠された、幸せのハートストーン。
そして、海を見下ろす素敵な眺め…あれ?

つばさ生 遠景

…このお人形さんみたいな人たち、どっかで見たことあるような。

3人組

園で雇ってるエキストラかと思ったら、つばさ生でした!
あたりを見回すと、他にもたくさんいます。

仲間で写真

30分500円で、幕末明治期の外国人風の衣装を着させてくれるそうです。
ペリー提督みたいになった男子もいました。
これがキッカケになって、夏休みや冬休みにビッグサイトでコスプレするような人がまた増えたりするのでしょうか…楽しみですね。
ともあれ、これもグラバー園人気の理由の一つのようです。

海をバックに

コスプレはしてませんが、男子も負けじと港をバックにキメてました。
どこかのビジュアル系バンドをイメージしたようですが…(笑)

さて、グラバー園を出るとちょうど昼ごはんの時間。
路面電車に乗って築町(つきまち)で降りて、川沿いを歩きます。
そこにも、つばさ生がたくさん来ているはずです…

(つづく)

【現地特派員 D】
行事 > 修学旅行 | - | -

いざ長崎~修学旅行記 一日目その2

坂道を上り下りして、バスが止まったのは平和公園。
平和祈念像に折り鶴を納めてから集合写真を撮ると、私たちをガイドさんたちが待っていました。
6~7人ずつガイドさんについて、公園を歩きながらの学習が始まります。

平和祈念公園1 平和祈念公園2
(公園でガイドさんの話を聞く)

ガイドさんは平和祈念像のポーズの意味を手始めに、被爆した人たちが水を欲しがって苦しんだことや、広島に比べて子どもの犠牲者が多かったことなどを、それらを象徴している園内のモニュメントを使って教えてくれました。
さらに公園を出て、ふもとの松山町を歩きます。
爆心地に近く、1,800人あまりの住民が子ども1人を残して全滅した町だそうです。
防空壕の跡や、水がせき止められるほど死体が折り重なっていたという川沿いを、説明を受けながら歩きました。

説明を受ける
(「被爆地層」について説明を受ける)

そして爆心地直下に作られた公園へ。
3,000℃の熱線が降り注いだという話を聞きながら記者は、
「自分や他の誰かをそんな目に遭わせないためには、僕は何をすればいいんだろう」
と考えていました。

ガイドさんに見送られて、今度は原爆資料館に入ります。
人や物が受けた被害だけでなく、救援活動のことや、原爆がどんな兵器なのかが分かる展示、そして今も核兵器がたくさんあることを知らせる展示がありました。
記者だけでなく大勢の2年生が熱心に見入っていて、時間に遅れそうになる人も。
話を聞いてから見られてよかったと思いました。

バスに乗って、17時20分頃にホテル到着。
長崎駅そばの丘の上にある、こんな眺めのホテルです!

夕方
(部屋からの風景)

そして今夜のメインディッシュは、長崎ちゃんぽん!
他に何種類ものおかずがあって、プラスごはんおかわり自由。
女子も男子も、食べる食べる…

夕食1 夕食2
(夕食の様子)

夕食の後は、被爆体験をされた方の講話を全員で聞きました。
被爆体験だけでなく、原爆投下に至る歴史や当時の学校生活のことなども丁寧に教えていただきました。

講和
(講話の様子)

被爆した人たちの命や体の被害についての話もそうでしたが、
「逃げてくる人は泣きも叫びもせずに、黙々と逃げて来た」
という話が頭に残っています。
原爆は、人の心も深く傷つけてしまうのですね。
講師の方がなぜ辛い話をあえて僕たちに話してくれるのかを、よく考えてみようと思います。

そのあと、20時30分から22時までは入浴&自由時間。
みんなギリギリまではしゃいでましたが、明日を楽しむために、ちゃんと寝たいですね。
あ。
ホテルからの夜景が、とってもキレイです!

夜景
(窓から見える長崎の夜景)

(つづく)

【現地特派員 D】
行事 > 修学旅行 | - | -

いざ長崎~修学旅行記 一日目その1

こんにちは!
今日から4日間、2年生の長崎修学旅行が始まります。
その様子を現地から、簡単になりますが速報でお伝えします。
よろしくお願いします。

―――――――――――――――

朝集合
(集合の様子)

朝、羽田空港の集合は9時。
「一人か二人ぐらい、遅刻する人いるよねー」
という予想を裏切って、時間までに約240人全員が集合。
搭乗券が来るまで、しばらく待たなきゃいけないほどでした。
えらいぞ12期生。

保安検査場に入る
(保安検査場に入る)

搭乗券とお弁当をもらい、出発ロビーに上がって保安検査へ。
初めてでドキドキしてる人もたくさんいましたが、集合の時に旅行会社の方が丁寧にレクチャーしてくださったので、スムーズに通過。
ちなみに記者は金属探知機に引っ掛かってしまいました(笑)
搭乗口付近でしばしの待ち時間。買い物やトイレを済ませてから、10時55分、いよいよ機内へ。

荷物収納中
(荷物収納中)

バタバタと荷物をしまい終えたところで、「まもなく出発」のアナウンス。
ほぼ定刻の11時13分にエプロンを離れ、30分ちょうどに離陸しました。
初めての人も多くて、悲鳴を上げる人もいましたが、きれいな海が見え始めると悲鳴が歓声に変わります。

機内にて 1 機内にて 2
(機内にて)

あとはお弁当を食べたり景色を見ながら盛り上がったり、写真を撮ったり。
中にはCAさんと記念写真をキメたり、「職業インタビュー」をしたりする人も。
長崎までの空の旅は約2時間。
でも、楽しく過ごしたおかげで気がついたら着陸体勢に入っていて、13時07分に長崎空港に着陸しました。

バス乗り場
(バス乗り場へ移動)

あいにくの曇り空の上に寒いですが、みんな元気なままバスに乗り込みました。
ガイドさんからカステラをいただき、「この子を残して」の永井博士のお話を聞きながら長崎市内を目指します。
乗ること約30分。少しずつ山や坂道が目立ってきました。

(つづく)

【現地特派員 D】
行事 > 修学旅行 | - | -
1/1