Tsubasa Life

都立つばさ総合高校の学校生活紹介
~生徒会広報委員が随時更新中~

生徒からの修学旅行記

掲載が遅くなってしまいましたが、参加生徒も修学旅行記を書いています。
2月の速報版とは違う目線から・・・ということで、うち2本をお届けします。(顧問)

----------

私たち15期生は2月6日~9日、沖縄へ修学旅行に行ってきました!!
この3日間、沖縄は曇り空が多く、思っていた以上に寒くてびっくりしました。

17syuryoseito1

1日目は、沖縄戦を振り返る平和学習を行いました。
私たちは着くとすぐバスに乗り込み、食事会場に行き昼食をとりました。
昼食は沖縄そばでした。
いつも食べているそばより太く、うどんより細い、独特な麺でとてもおいしかったです。
その後「ひめゆりの塔」「平和の礎」そして「ガマ」と呼ばれる鍾乳洞に入りました。
「ひめゆりの塔」ではその敷地内にある「ひめゆり平和祈念資料館」に入り、そこで私たちは「ひめゆり学徒隊」の悲惨な歴史を知りました。
「平和の礎」では沖縄戦の十数万人に及ぶ犠牲者の名前が1人ずつ刻まれているもので、都道府県別に分けられ、外国の方の名前も刻まれていました。
最後に「ガマ」。沖縄戦で野戦病院になった洞窟です。
洞窟内の床は凹凸が多く地面はぬかるんでいて、当時は明かりがろうそくしかなかったそうです。さらに「麻酔のない中で外科治療を行った」という話を聞いて辛い気持ちになりました。

2日目は、6つの体験グループに分かれて行動。
私のグループはまず、美ら海水族館を観光しました。
美ら海水族館では巨大な水槽があり、そこで見たジンベエザメが一番印象に残っています。

17syuryoseito2

そのあとは昼食をとり、体験学習を行いました。
私の体験学習は、「魚釣り(護岸釣り)」。
残念ながらこの日は風が強く温度も低かったため、魚が巣から出てこず、私は一匹もつれませんでした・・・・・

そして、あっという間に最終日。
首里城を観光、その後那覇市内へ。
国際通りで食べ歩きをしたり、お土産さんを見たりしました。

沖縄で残酷な戦争があったことを実感できたことが、この修学旅行の一番の思い出です。
でももちろん、目を見張るような自然や文化にも触れることもできて、とても楽しかったです。

(2年 N・T)

----------

つばさ総合に入学して2年目の冬、修学旅行で沖縄を訪れることになりました。

私は「どうせ沖縄なんて行ったところで・・・」といった思いでいました。
でも、今となっては沖縄に行けてよかったと思います。
これから、私の心境を大きく変えた沖縄修学旅行について、事前のことも含めて振り返ってみようと思います。

沖縄修学旅行についての話は、2学期から始まっていました。
その時の私の心持ちは酷いもので、「修学旅行なんてどうとでもなれ」だなんて考えを持っていたのです。
この時は3日目の行動班を決めて、国際通りでの動きを考えるというものでした。
班の仲間も、「ここに行ってみたい」といった意見を特に出すこともなく、たいした予定を立てることなく時間は経ってしまいます。

旅行の準備もそこそこに3学期を迎えると、クラス内の話題も修学旅行の話が多くなってきました。
私の履修している授業でも沖縄について話して下さる先生が何人かいて、今思えば、事前にためになることを聞くことができていました。

そして、あっという間に一月は終わり、ついに修学旅行を迎えました。
当日の朝は早く、普段よりも二時間は早く起きて家を出ました。
空港に集合してしばらく待ち、私たちはいよいよ飛行機に搭乗。
私は飛行機に乗るのが初めてで、飛行機に関してはとても楽しみにしていました。だからこの時は「飛行機に乗るために沖縄に行くようなものだ」と思っていました。
窓側の席に座ることができなかったので外の景色を見ることはできませんでしたが、モニターなどの映像で今、自分が地上から遥か上空にいるということを実感できました。
離陸の衝撃やスピードはあまり気になりませんでしたが、着陸前に高度を下げたり上げたりを繰り返す時の浮遊感には、とてもドキドキしました。

事前の情報では「沖縄のこの時期は東京と比べてとても暖かく、過ごしやすい気候だ」と聞いていたのですが、実際には冷たい風が肌寒かったです。
飛行機を降りたらそのままバスに乗り換え、昼食をとりました。
昼食は沖縄料理のソーキそば。私の友達は不味かったなどと言っていましたが、私は薄味ながらもしっかりと付けられた味に風味を感じ、とても美味しいと思いました。
昼食を終えるとまたバスへと乗り込み、平和記念資料館に行きました。
平和記念資料館では沖縄線を住民目線でとらえた風景が映し出されていて、その戦争の痛々しさを実感できました。
次にひめゆりの塔へ。まず、慰霊碑に黙祷を捧げました。その後資料館を見学してひめゆり学徒隊と沖縄線についてを学びました。
初日の最後には、「ガマ」の追体験を行いました。
これは、実際に沖縄線で野戦病院に使われていたガマ(洞窟)に入り、戦争の足跡を肌で感じることです。
戦争の足跡の雰囲気にあてられ、空気が重くなっていました。でも、そうあるべきだと思いました。
私たちはバスに乗り込み、今日の宿舎へ向かいました。
バイキング形式の夕食を食べた後に、戦争についてのお話を、実際に沖縄戦を経験した方から聞きます。
授業などで習ったこともありましたが、実際に戦争を経験していなければわからないような生々しい話もたくさん聞くことができました。
空気は重かったけれど中身の濃い、修学旅行の1日目が終わりました。

2日目は、バイキング形式の朝食から始まりました。
朝食後はバスに乗り、結構な距離を移動して美ら海水族館へ。
美ら海水族館では見たこともないような珍しい魚や、危険な海の生物、そして巨大なエイやマンタ、ジンベエザメを見ました。二匹のジンベエザメが大きな水槽の中を悠々と泳いでいるその迫力は、今でも思い出すと鳥肌が立ちます。
美ら海水族館を後にすると、私達は昼食をとるべくフルーツランドへ。フルーツランドとは言いますが、そこでとった昼食はフルーツではなく肉でした・・・落ちはありません(笑)
昼食後は、グループに分かれて体験学習。
シーサー作りやマリンクラフト、ドルフィンガイドツアー、サトウキビ採り、釣りなどがありましたが、私は釣りのグループでした。
結論から言うと、私は一匹も釣ることができませんでした。
言い訳をすると、まず海水の流れが速く、餌をどんなに遠くに投げてもすぐに岸の付近まで戻ってきてしまう。それから岸の周辺にいる小魚は針を無視して、餌のエビだけ突っついて持って行ってしまうのです。
こうなってしまうともうお手上げで、最初にいい位置を取れなかった私は小魚に餌を上げるだけになってしまいました・・・
最初はただ減っていく餌に対する喪失感もありましたが、でも、魚に餌をやっているのだと考えれば存外悪いものでもありませんでした。
釣りの時間が終わってバスで宿舎に帰ると、夕食はバーベキュー!
テーブル内で交代で肉を焼き、どんどん食べました。
焼いても焼いてもおかわりがあり、最後の方にはみんな苦しそうに、でも折角の食べ物を残すまいと箸を口に運んでいました。
その後は布団に横になると、疲れのせいか、私は泥のように眠りました。

そして、3日目の朝食もバイキング!
前夜に肉をたくさん食べていたので、野菜類をできるだけ多く摂取するように心がけます。
朝食が済むと、修学旅行最後の日の旅程が始まりました。
まずは東京へ送る荷物をバスに詰め込み、私たちは首里城へ。
中国の文化を受け継いでいる首里城は、私からすると中国風建築物と和風建築物を足して二で割ったような造りのように感じました。首里城には世界遺産にも登録されている場所があり、そこに注目して城内を廻りました。
首里城を一通り廻った後は、修学旅行最後の目的地・国際通りを訪れました。
時間が少し早かったのですが、まず昼食をとることにしました。
班長が事前に調べていてくれたらしく、タコスの専門店で、タコスやタコライスを食べました。
特性のピリ辛ソースが適度に口を刺激して、とても美味しかったです。
昼食を食べ終えて国際通りを大まかに一周した後、各々気になった場所に行くことになりました。気になっていたお店を廻ってとても充実した時間を過ごすことができました。
この頃には、「沖縄に来られてよかった!」と思うようになっていました。
自由行動の時間が終わって空港に行くと、私はどこか、名残惜しさを感じていました。
最初は「沖縄なんて」と思っていたはずなのに、濃密な三日間を過ごすことで印象が大きく変わっていたのです。
修学旅行とはまた別に、沖縄に訪問してみたいとすら思いました。
そんな心情の変化をよそに帰りの飛行機は飛び立ち、旅に終わりを告げるのでした。

(2年6組 名無し)
行事 > 修学旅行 | - | -

14回目の旅立ち・・・14期生卒業式

時の流れというのは早いもので、季節はもう春です。
春というのは出会いの季節であり、でも同時に別れの季節でもあり・・・・・

DSC_2254.jpg

DSC_2285.jpg

私たちのつばさ総合高校も、3月10日に卒業式を迎えました。
1年生の時は立ち会えませんでしたが、3年生とより多くかかわる機会があった私たち2年生は、3年生を送るために式に臨みました。

このつばさ総合での思い出を噛み締めるかのような、重い声色。
そんな声で呼名に応じている先輩たちが、今でも印象に残っています。
また、前生徒会長の答辞は体育館にいるすべての人の心を打つもので、当の私もとても感動して聞いていました。

旅立っていく卒業生の先輩たちに、この記事を書くことで、あらためてお祝いを伝えたいと思います。
この記事を卒業生が読んでくれて、ささやかですが祝福と感謝を受け取ってもらえていたら幸いです。

私たち後輩を見守り支えてくださった先輩方、本当にありがとうございました。

(2年 広報委員)
行事 | - | -

残りわずか、そして・・・3月の校内風景

こんにちは!広報委員会です!!!

3月の初めに学年末考査がありました。
授業中に寝ている生徒も授業に参加するようになっていて、本気度が伝わってきています!
このテストで3学期の評定が決まってしまうので、私は少し不安です。

テストが終わった後は奏翼祭が待ち構えています!
1年の私は、初めてのことなので、とってもワクワクしています。
校内では朝も昼も放課後も、奏翼祭に向けて頑張っている生徒が多く見られます。

IMG_1917.jpg IMG_1918.jpg

IMG_1919.jpg

私はアルトパートを担当しているのですが、音程や、強弱のつけ方に苦戦しています。
みんなで協力して、きれいな歌を聞かせたいです。

そして、奏翼祭が終わるといよいよ春休み。
遊びも勉強も充実した春休みを過ごしたいです✿☆ミ

(1年 A.S)

追伸
つばさ総合高校は行事が盛りだくさんです。
中でも、1年間で培った結束力を見せる奏翼祭(合唱祭)は、生徒たちの本気が伝わる、教職員も楽しみな行事です。
朝夕問わず、ここ数日大きな歌声を校舎いっぱいに響かせています。
今日、リハーサルが終わりました。
つばさ生として完璧に仕上がっている1年生。
各クラスの個性と調和はさすがの2年生。
当日が本当に楽しみです!

(新人デスク:U)
日々のできごと・・・ | - | -

【15期生】修学旅行日記③

3日目、ついに修学旅行最終日。

首里城と国際通りを満喫したのち東京へ帰ります。
天気は曇りで相変わらず肌寒い沖縄でした。
荷造りも終わらせて、遅れることなくバスで出発することができました。

まずは首里城へ!
3日目ともなるとさすがに疲れたのか
移動のバスの中はみんな寝ていました。

image2.jpg


首里城で集合写真を撮りました。

その後は移動して国際通りへ!
3時間の自由行動の時間ということで
生徒たちは沖縄フードを食べたり、
お土産を買ったりしていました。
集合時間に遅れる生徒もなく、優秀な生徒たち!



体調の悪い子も少し出てしまいましたが、
なんとか全員飛行機に乗り、
羽田空港へ

image4.jpg


無事、帰ってくることができました!

image3.jpg

生徒は飛行機を降りるのを嫌がっていました。
この3日間で友達との仲もより深まり、
自分で考えて行動ができるようになるなど、
成長がみられた修学旅行になったのではないかと思います。
明日からは普段の学校生活に戻りますが、
修学旅行で学んだことをいかして欲しいです!

(引率記者:A・I)
行事 > 修学旅行 | - | -

【15期生】修学旅行日記②

今日は修学旅行2日目。

今日は午前中は美ら海水族館へ。
午後は各班ごとの体験活動に分かれて行動しました。
天気は昨日よりは気温も上がり、少し沖縄らしさを感じることができました。

美ら海水族館!!

17syuuryo201 17syuuryo202

先生も生徒も、めっちゃ楽しんでいました!

お昼を食べて、午後は体験活動。
私の班は「コーラルビュークルージング」体験!
船に乗って、魚を見に行きました!!

17syuuryo203 17syuuryo204

必死に魚をのぞく生徒たち・・・
必死に魚を見つめすぎてこの後、ほとんどの生徒&そして私も船酔いをし気持ち悪くなりました(笑)

上陸後は気を取り直して、沖縄の大地を散策^_^

一方、他の班はイルカと戯れていました!

17syuuryo205

そのあとはビーチを散策し、沖縄を満喫していたようです。

17syuuryo206

宿に戻ってくると・・・
今日の夕食はBBQでした!!

17syuuryo207

寒くても煙をあびても、ひたすら肉を食べつつける生徒たち!

夜はお風呂に入ったり、そして明日の帰京に備えて荷造りをしたりしていました。
疲れて早々と寝てしまっている生徒も・・・

明日は最終日です!
みんな元気に帰れること目指して頑張ります!!

(引率記者:A・I)
行事 > 修学旅行 | - | -

【15期生】修学旅行日記①

2月6日(火)2年生の修学旅行が始まりました!
今年は14期生に引き続き沖縄に来ています。

朝早く羽田空港に集合にも関わらず、
生徒たちはみんなで乗る飛行機にドキドキワクワク
とても楽しそうにしていました。
いざ出発!!

image1.jpg

沖縄に無事到着、しかしイメージしていた以上に寒く、
生徒たちもびっくりしていました。
昼食は沖縄そば。
早速沖縄を堪能しました。

image2.jpg

image3.jpg
【昼食の沖縄そば】

食べて終わったらすぐお土産探しをするアクティブな生徒たち。


1日目の行程は平和学習。

班によって回る順番は違いますが、
ひめゆりの塔、平和の礎、ガマの洞窟を見てきました。
日々触れることのできない経験に
生徒も資料などをよく読み学習していました。

image4.jpg

その後は宿に戻って夕食の時間。
今日はバイキングでした!
男子も女子もお腹が空いていたようで、
たくさんおかわりしていました!

image5.jpg

夜の学習は平和講話です。
朝早くからの移動と満腹で疲れがピークだと思うのですが、
講話をきちんと聞いていました。
2日目の行程は各班の体験活動です。
まだまだ沖縄を楽しんで、素敵な思い出を作ってほしいと思います。

(引率記者:A・I)
行事 > 修学旅行 | - | -

1/23(火)の授業について・2

本日1月23日(火)の授業についてです。
気象警報の発令はないため、通常どおり始業します。
ただし無理をせず、安全第一で学校に向かってください。

(総務情報部)
- | - | -

1/23(火)の授業について

降雪に伴い、1月23日(火)が荒天となった際の対応についてです。
授業の実施については、本校の「気象警報が出た際の規定」にもとづいて判断します。
規定については、こちらをご覧ください。
なお当日7時頃に、その時点での判断をこのページに掲載します。

(総務情報部)
- | - | -

つばさ生の日常

こんにちは。 広報委員会です!
2学期後半の授業・部活の様子について書きたいと思います。

授業について、普段から真面目なつばさ生ですが
10月後半には中間考査があり、
より集中して受けていました。
ただ静かなだけでなく積極的に発言する人もおり、
よい雰囲気で授業を受けることができました。
つばさ総合高校に受験を考えてる人で、
チャイムがなく不安と思う人もいると思います。
ですが入学してみるとすぐに慣れ、
授業に遅れる人はほとんどいません。

次に部活動は、どの部活動も活発に活動していました。
私はイラスト部の活動を見せてもらったのですが、
絵の上手さに驚きました。
銀翼祭(文化祭)などで目にした方も多くいるのではと思います。
イラスト部は講評会という
それぞれのイラストの評価をする会を行っており、
アドバイスをし合ってるそうです。
絵が得意な方や好きな方はイラスト部がオススメだと思います!

securedownload.jpg

(イラスト部の方のイラスト)

1年2組 K.O
- | - | -

1年生行事職業人インタビュー

去る11月16日、私たち1年生は「産業社会と人間」の一環で「職業人インタビュー」に行ってきました。
職業人インタビューとは…生徒らが自分で気になる企業、個人に電話をし、アポをとってその業界で働いている職業人にインタビューをするという、この学校特有の行事です。
電話でアポイントメントをとる段階では、第一希望の企業にOKをもらった人もいれば、第8・9希望まで電話をし続けていた人もいました。
私は『将来、得意な英語を活かせる仕事に就きたい』と思っていたので、入国管理局に行きました。
アポ取りからすべて自分で行うため、最初は不安や緊張ばかりでした。しかし、自分の将来につなげられる絶好のチャンスだと思えばそんな不安や緊張は薄まり、逆にわくわくしていました。
実際に入国管理局の方のお話を聞いて「そんな大変なことが…」と思う場面もありました。しかし「その分やりがいも多くあり、楽しいです」と笑顔でおっしゃっていたのでますます興味を持てました。
職業人インタビューを通して知らなかったことや面白いことを直接聞くことができ、とても良い体験ができました。
(1年 H.T)

1712sansya
(インタビュー結果のクラス内発表を準備する生徒たち)

僕は、残念ながら第一希望に企業には行けなかったものの、第二希望の会社にOKをもらうことができました。
インタビュー先が決まったあとは、企業、事務所に手紙を書きます。内容はインタビューを依頼した理由や、インタビュー項目などです。手紙の提出期限に追われ、大変な思いをしている人もいました。
そしてインタビュー当日。1・2時間目は通常授業で、3時間目に最後の事前指導を受けて、各自出発という流れでした。
僕は吹奏楽部に所属しています。楽器が好きということもあり、インタビュー先はある楽器店にしました。自分の他に3人の友達とインタビューに行きました。みんな仲がよかったため息を合わせて相手とコミュニケーションがとれ、順調にインタビューは進みました。
ものすごくためになる話や、面白い話、楽器屋で働いているからこそ知っている話など、たくさんの話を聞かせてもらいました。
インタビューの中で、英語を勉強することが大事とおっしゃっていました。
入社当初は、楽器屋で英語を使うとは全く思っていなかったそうです。しかし今では、外国のお客さんも来店し、自分自身が海外に行くことが多くなったとおっしゃっていました。
これからの時代は特に、英語を使う機会が必ず来ます。そのための準備をしなければいけないとすごく思いました。
この店では朝、社員の挨拶は英語でするそうです。普段から英語を使ってないと、突然外国人に話しかけてこられても落ち着いて話すことはできませんよね。
つばさにはALTの先生がいます。授業中ではなくても、自分から話していくと徐々に英語力が身についていくと思います。恥ずかしがって話すのではなく、ちゃんとした発音で話すのが効果的だとおっしゃっていました。
とにかく、英語は大切だということです。
ものすごく話がそれてしまいました。でも、こんなに書くほど、インタビューはとても有意義なものだったということです。
この職業人インタビューは自分にとって得たものがたくさんありました。
私たちのインタビューを受けていただいた企業の方、その他の方々、ありがとうございました。とても貴重で良い経験になりました。
(1年 Ei_Ta)
授業・先生 | - | -
<< 2/64 >>