環境活動・ISO14001

つばさ総合高校は2004年3月に都立高校で初めてISO14001の認証を取得しました。
環境教育、省エネルギー、ゴミの削減などに生徒・教職員が全員で取り組んでいます。

<< 第6回 高校生環境サミット in Tokyo の開催について | main | 6月5日は環境の日でした >>

2008年度のパフォーマンスについて

つばさ総合高校2008年度の「電気使用量」と「用紙の使用量」、「ゴミの排出量」について報告いたします。
(詳しい内容は「続きを読む」をクリックしてください)

2008年度の目標値は
電気使用量は1125994Kwh以内におさめることでしたが、
最終的に1087278Kwh使用したことになり,目標を達成することができました。
しかし、用紙の使用量は1080915枚以内におさめる目標値に対して、
1110500枚使用し目標を達成する事ができませんでした。
ゴミの排出量では、燃えるゴミが3025Kg以内、燃えないゴミが960Kg以内の目標値でしたが、
燃えるゴミが2692Kg、燃えないゴミ726Kgの排出量でどちらも目標を達成する事ができました。

まだまだ活動が十分とはいえないところが多いようです。
2009年度のシステムに反映していかなければなりません。
少し詳しく説明いたします。
最初のグラフは「電気使用量のグラフ」です。
電気使用量はISO活動を始めた2004年度より毎年減らしております。
2003年度に比較すると昨年度は、総計で約22万Kwh、約18%の削減になりました。
もちろん、まだ削減の余地はあるのではないかと考えております。
                          グラフの単位はKwhです
2008年度電気使用量-2.bmp
続いてのグラフは、「用紙の使用枚数のグラフ」です。
                          単位は枚数です。
紙のデータ.bmp
用紙の使用量は、学校の活動と密接な関係を持つため、一概に削減することだけを目標にできない部分もあります。しかし、裏紙使用の奨励(裏紙使用方法の研究)や、無駄な用紙使用を減らすことなど、まだまだ削減の余地はたくさんあると考えています。

次のグラフは、「燃えるゴミ」の排出量です。
                          以下の2つのグラフの単位はKgです。
2008年度燃えるゴミ排出量.bmp
下のグラフは「燃えないゴミ」です。
2008年度燃えないゴミ排出量.bmp
ゴミの排出量の削減は、生徒や教職員の徹底的な分別活動によって行われています。2003年度に比較して両方とも70%程度の削減を実現しています。
分別により「ゴミ」と「資源」に分け、資源はリサイクルされる仕組みになっています。
しかし、近年は削減が限界に来ているようです。少し増えている状況も見られます。この数字で満足するか、さらに削減を目指していくかの判断をしなくてはならない時期に来ているようです。

このほかにも「教職員による環境教育の実施」、「年1回の環境関連の講演会実施」、「高校生環境サミットの実施」などの目標を持って1年間活動を行ってきました。2008年度はこれらの目標についても、ほぼ達成できました。

つばさ総合高校は、教育機関として「生徒・教職員の環境意識の向上」により「電気使用量」や「用紙の削減」などのパフォーマンスや様々な目標を達成しようと考え「環境マネジメントシステム」を作り、動かそうとしています。
ISO14001 | - | -