環境活動・ISO14001

つばさ総合高校は2004年3月に都立高校で初めてISO14001の認証を取得しました。
環境教育、省エネルギー、ゴミの削減などに生徒・教職員が全員で取り組んでいます。

<< エコプロダクツ2013に参加いたしました | main | 年末年始の「今月の目標」など >>

つばさのゴミ削減に文部科学大臣賞~エコワングランプリ

12月14日、高校生の環境活動の全国コンテスト「イオン エコワングランプリ」で、つばさ生のゴミ削減活動が文部科学大臣賞を受賞しました。
内閣総理大臣賞に次ぐ、第2位に相当する賞です。

(イオンエコワングランプリのホームページはこちら
(つばさが発表した活動内容についてはこちらをご覧ください)

書類審査・ブロック大会を経て、この日は最終審査会(全国大会)。
朝10時、応募約150件の中から選ばれた14校が東京都心の「学士会館」に集まり、順にプレゼンテーションを行いました。
「首都圏ブロック・普及啓発部門」の代表となった本校の発表は午前中の最後。
2年生のISO委員2名が、10年間続けてきた本校のゴミ削減活動についての報告と、今年の6月に3日間かけて行った「ゴミの28分別」から見えてきたことを発表しました。

13ecoone1 13ecoone2
(左:発表を行う生徒たち 右:審査員の質疑に答える)

各校の発表は3時半頃で終了。その後は夕方6時の結果発表まで、休憩を挟んでさまざまな催しが続きます。
発表者の2人は、ビックサイトの「エコプロダクツ展2013」で展示・発表しているISO委員会の仲間と連絡を取りながら、長丁場の疲れと結果に対する緊張をほぐしていました。
そして結果発表と表彰式。審査員賞などの発表・表彰が続く間はずっとドキドキしていて「このまま最後まで呼ばれないんじゃ…」と思ったりもしましたが、最後の方で見事に大きな賞を頂戴しました。
表彰後に行われた審査員の講評では、
「つばさ総合高校がこの活動でゴミを6分の1にしたということは、全国の高校が真似をすれば全国でゴミが6分の1になるということ。この活動が持っている影響力は大きい」
などのお言葉をいただきました。

つばさ生は今後も、この「ゴミの削減」を中心に環境活動を継続していきます。
受賞は生徒たちの成果ですが、日頃暖かく見守ってくださる皆さんのおかげでもあります。
いろいろとありがとうございました。
日々の活動 | - | -