環境活動・ISO14001

つばさ総合高校は2004年3月に都立高校で初めてISO14001の認証を取得しました。
環境教育、省エネルギー、ゴミの削減などに生徒・教職員が全員で取り組んでいます。

<< 7月のペットボトルキャップ回収は10日(木) | main | 夏の間の目標 >>

資源・ごみの28分別を行いました

報告が遅れてしまいましたが、6月20日(金)、21日(土)の2日間、ISO委員会の生徒が中心となり「資源・ごみの28分別」を行いました。昨年に引き続き2回目の実施で、作業も昨年よりはスムーズに行うことができました。

この取り組みは、ごみ削減が頭打ちになり「これ以上減らないところまで来ているのか」、「そもそもつばさ総合高校の生徒が「捨てているもの」とは何が、どれくらいの量になっているのか」を調べることが目標です。

1週間分のごみを保管しておいて、その中からサンプルを取出し、それを項目ごとに分別して計量するという作業です。しかし、今回は昨年の状況を考え、特にペットボトルやビン・缶については専門の班を作り全数調査を行うことにしました。

その結果です。
    gurahu.png(単位:Kg)

昨年同様「ペットボトル」が一番多いことがわかりました(重量で比較しています)。特別班が本数も数えたところ、全部で約2700本あったとのことです。
たとえば、このグラフを見ると家庭から出る「ごみ」と明らかに違うことが見て取れます。また「飲み物や食べ物の容器」の排出がきわめて多いこともわかってきました。現在このデータを見ながらISO委員会として今後どのような活動を展開していくかを検討中です。
日々の活動 | - | -