環境活動・ISO14001

つばさ総合高校は2004年3月に都立高校で初めてISO14001の認証を取得しました。
環境教育、省エネルギー、ゴミの削減などに生徒・教職員が全員で取り組んでいます。

<< ISO新聞 No.2 | main | 高校生 環境サミット in Tokyo >>

東北公益文科大学教授 高木武夫先生」による講演会

つばさ総合高校では、毎年1回環境関連の講演会を実施することになっています。

iso-08[1] 今年度は10月6日の後期始業式に「東北公益文科大学教授 高木武夫先生」による講演会を実施しました。 先生の話は、現在地球で起こっている様々な形の環境問題の主な原因を「人口の増加に伴う経済活動の増加」と考えられ、我々が取り組まなければならない問題は「貧富の差の問題」「教育・家族計画等の普及」「人口の安定化」「環境税の導入問題」「エネルギー政策」等多方面にわたることを指摘されました。
また直接は日本に関係がないと考えてしまう水不足の問題も、直接水を消費しなくても「バーチャルウォーター」 と呼ばれる陰の水消費の問題まで考えなくてはならないことなど力説されました。この問題は、結局は日本の食料自給率の問題にも通じるとのことです。先生は、そのために市民として我々がどのように考えなければならないか、 自治体や企業がどう考えなければならないか等を話されました。  
特に「ゴミ」の問題は「つばさ総合高等学校」が取り組んでいる現在の問題にも関連のある話で、生徒のゴミや資源に関する意識が高まったものと思っています。
 


iso-09[1]iso-10[1]

 

ISO14001 | - | -