環境活動・ISO14001

つばさ総合高校は2004年3月に都立高校で初めてISO14001の認証を取得しました。
環境教育、省エネルギー、ゴミの削減などに生徒・教職員が全員で取り組んでいます。

<< 4月のペットボトルキャップ回収は18日(木) | main | 2019年度の生徒の活動が始動! >>

ISO14001認証、6期目へ!

去る2月に、ISO14001の「更新審査」がありました。
2004年から3年ごとに更新をしてきたので、今回、審査を経て更新が認められると6期目になります。
認証機関の審査員が来校し、本校の環境マネジメントシステムの有効性(自分たちのマニュアルに沿って活動の計画や実行、評価などができているか、法令などの順守ができているか)について書類のチェックや聴き取りを受けました。
校長や管理責任者、何人かの担当職員が各自の役割について事情を聴かれるところまではISO14001認証を持つ他の企業や教育機関と同じですが、つばさでは生徒も「活動の主体」です。
なので、放課後を待ってISO委員会や生徒会執行部の生徒も聴き取りを受け、環境サミットや日頃の活動について紹介・説明をしました。

「運用が適切に行われていると認め、認証の維持を推薦する」
その日のうちに審査員の方から報告をいただき、説明を受けました。
要修正の問題点である「不適合」はなし。
高校生環境サミットの企画がより生徒主体になっていること、施設見学や地域でのボランティアといった「コミニュケーション」(外部とのかかわり)などを中心に、総じてシステムが良好に動いているとの評価をいただきました。

そして3月なかば、正式な更新の通知と、新しい登録証が届きました。
2019年度からの3年間も、引き続き本校は「ISO14001」の枠組みに沿って環境教育・環境活動をしていくことになります。
認証取得は目的ではなく、あくまでも「実効ある環境活動をするための手段」ですが、やはり励みにもなりますし、一方で責任も感じます。
これからも生徒・教職員・保護者ともに各種の取り組みを行い、「地球と人に優しい学校」を作っていきますので、皆様、どうぞよろしくお願いします。
ISO14001 | - | -