環境活動・ISO14001

つばさ総合高校は2004年3月に都立高校で初めてISO14001の認証を取得しました。
環境教育、省エネルギー、ゴミの削減などに生徒・教職員が全員で取り組んでいます。

<< ただいまの目標と「USO800」最新号 | main | 4月のペットボトルキャップ回収は中止になりました >>

年度のまとめ・・・サーベイランスと内部監査

一斉休校など新型コロナウィルスの影響で生徒の活動が止まってしまい、このブログの更新もごぶさたになってしまいました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

2003sakura

さて、本校のISO14001認証についての「サーベイランス」が先月行われました。
3年間有効ですが、その間も年1回、審査機関が本校の組織・活動を審査して認証の適否を判断します。それがサーベイランスです。
審査員の方が1日半かけて、文書でシステムの有効性や法令などの順守状況を審査し、校長や内部監査員、そして生徒たち(この時はまだ生徒が登校できていたので)などにインタビューを行いました。
審査の結果は「認証の継続を推薦する」。
是正を要する重大な瑕疵はなし。環境目標の立て方などに意見をいただきましたが、一方で生徒の自主的な取り組みをパフォーマンスの高さとして特に評価していただけました。

一方、関係者が監査員を務めて内部で監査を行うことも、ISOの規格や本校の環境マネジメントマニュアルで定められています。
本校は、環境活動の中心を担った経験のある卒業生を内部監査員にしています。
内部監査は、3月に入ってから行われました。一斉休校のため生徒のインタビューはできませんでしたが、かわりに職員を通じて生徒を含む学校の環境活動のありようを、監査員たちは熱心に聞き取っていました。
こちらも是正を要するような瑕疵の指摘はありませんでしたが、やや辛口の意見から積極的な評価まで、OBの愛情がこもった8点の所見を頂戴しました。

そんなわけで本校は、引き続きISO14001認証校として来年度を迎えることになりました。
ですが、認証は環境活動を計画的・組織的に行うための担保で、認証自体が目的ではありません。
しばらくは活動に様々な制約が加わると思いますが、来年度も色々な取り組みを行っていきたいと思っています。
一日も早く、社会が活気と平穏を取り戻せますように。
ISO14001 | - | -