Tsubasa Life

都立つばさ総合高校の学校生活紹介
~生徒会広報委員が随時更新中~

飛翔祭、実施!

本日7日、飛翔祭実施します!

(総務情報部)
- | - | -

6日の飛翔祭は延期

本日6日に予定されていた飛翔祭は、明日7日に延期とします。
本日は短縮6時間授業で、そのあと飛翔祭の練習です。

(総務情報部)

【追記】
アクセス集中により、今朝方はご迷惑をおかけしました。
公式のTwitterアカウント(下記)を再開しましたので、明日以降はTwitterもご覧ください。
https://twitter.com/tsubasasogo
- | - | -

いよいよ「飛翔祭」です!

【おことわり】
記事下部に当日の案内がありますが、この行事は一般公開はしておりません。
一般の方のご来校はご遠慮ください(案内は本校保護者用です)。


【生徒の皆さんへ】
6日の決行・中止については、6日午前7時頃にこのページで告知します。
生徒の皆さんはそれまで、両方の準備をしておいてください。


来る6月6日(水)は、体育祭。
本校の体育祭は、創立の際から「飛翔祭」という名称で多くの種目がグラウンドで繰り広げられ、心技体とも熱く忘れられない一日を送ります。
飛翔祭実行委員会がルールを確認し選手に教えたり、委員の手作りで競技の道具を製作したり・・・他にも応援団や団旗制作の生徒が多くの時間を割いて、生徒総出で体育祭の準備に当たっています。
7時間目の体育祭練習でも、生徒たちは炎天下の中で何度も練習を重ね、本番に備えて集団の演目を上達させています。グラウンドで練習をする生徒たちの表情はとても輝いていて、高校生活の青春のど真ん中を駆け抜けて行っています。
行事を通して、協調性を身に付けたり、みずからの行事を創り上げる力・運営する力を引き出したりして、成長した姿を見せてほしいと思います。

・グラウンドでの全体練習の様子
18hishopre1 18hishopre2
18hishopre3 18hishopre4
実行委員会はムカデ競争のロープを手作りで制作したり、玉入れの大玉を創作したりと、中心になって飛翔祭の計画、運営を進めています。
道具や機材で修理が必要な箇所も、実行委員会幹部で修繕を行います。

■団と団旗
飛翔祭は、全校生徒が「青」「赤」「黄」の3団に分かれて戦います。
18hishopre5
昨年の団旗を、校舎吹き抜け階段に展示しています。これらを見ると、いよいよ体育祭だという意気込みや熱が上がっていきます。
一方で応援団は、朝練習と放課後練習を通して演技の完成度を高めています。

団旗は毎年、3年生の美術系列の生徒が団ごとでチームを組んで制作しています。
どのように表現すれば皆の闘争心をかきたてたり、勝利に向かって団結する心を共有したりできるような団旗になるのか、それぞれの団の担当者が模索しながら団旗の制作にあたっています。
放課後も遅くまで居残り、土日の休日も団旗制作に時間を費やしています。
演技プログラムだけでなく、こうした活動も団の勝利に反映されます。生徒が創り上げる体育祭です。

・団旗の制作風景
18hishopre6 18hishopre7

■ご案内

飛翔祭については、申し訳ありませんが一般公開はしておりません。
一般の方のご来校はご遠慮ください。
以下、本校保護者各位のために当日のご案内をいたします。

平成30年度 第17回「飛翔祭」

日時
 6月6日(水)午前9時開会
 雨天の場合は6月7日(木)、8日(金)に順延します。
 8日も雨天の場合は中止になります。
場所
 本校グラウンド
プログラム
 =午前の部=
  1 開会式
  2 100m走
  3 全員リレー(1年)
  4 玉入れ(2年)
  5 全員リレー(3年)
  6 結束リレー(1年)
  7 全員リレー(2年)
  8 走り綱引き(選抜)
  9 部対抗リレー(部活動)
 =午後の部=
(13:00開始予定ですが、目安ですので前後する場合があります)
 10 応援合戦(有志)
 11 100m走決勝(選抜)
 12 ムカデ競争(3年)
 13 棒引き(女子)
 14 棒倒し(男子)
 15 団対抗リレー
 16 閉会式
お願い
 ※自動車、オートバイでのご来校はご遠慮ください。
 ※トラック内への立ち入りはしないでください。

(生徒部)
行事 > 飛翔祭(体育祭) | - | -

5/31(木)の体力テストについて・2

本日5月31日の体力テストは、予定どおり実施します。
- | - | -

5/31(木)の体力テストについて

明日5月31日の体力テストについては、決行・延期の決定を31日午前7時に行います。
延期の場合は通常授業(授業時間は「短縮」)になります。
決定内容はこのページでもお知らせしますが、発表までは体力テスト・通常授業の両方の準備をしておいてください。

(総務情報部)
- | - | -

入学した月にいきなり「17期生つばさゼミ」!

私たち17期生は4月23日~25日、2泊3日で恒例の「つばさゼミ」をやってきました。
場所は伊豆、「ラフォーレ修善寺」というきれいな宿泊施設です!

1日目、クラスのプログラムなどの予定が終わり、くたくたに疲れながらもいそいそと、班員たちで各々の部屋へと向かいました。
女子の部屋は想像していたより広くて、テンションがあがりました!
なんといっても、部屋がとても綺麗!!

30tubazemi01

この行事で一番大きく記憶に残っているのは、2日目のお昼の後にあったウォークラリーです!

30tubazemi02


班ごとに違うマップとルートで、班のみんなと協力しあいながらゴールを目指しました。
マップには図しか描いてないので、迷ったりもしました。
ですが、それも終わった今となれば楽しかった記憶!
班員と話す機会が多くなり、行く前と打って変わってものすごく仲が深まったような気がします。


30tubazemi03


あとイベントではありませんが、ご飯がめっちゃ美味しかったです(o^―^o)

(1年5組 K.I&S.Y)
行事 | - | -

2年生、横浜「校外学習」の旅

4月25日(火)に私たち2年生は横浜へ校外学習に行ってきました。

校外学習ということで、遠足とは違い、遊びに行くわけではありません。
あくまでも、修学旅行の練習を目的にしているので、集合は羽田空港でした。

そこからは班ごとに横浜へ向かいます。
当日は残念なことに天候が悪く、強い雨と風に吹かれながらウォークラリーをしました。

横浜に着くころには、もう服や靴がびしょ濡れで、これで本当に楽しめるのかとすごく不安でした。ですが、晴れている時よりも色々と協力することが多く、より仲が深まったような気がしました。

ウォークラリーを無事ゴールした後は、班員のみんなで中華街に行きました。

30kougai01

そこからは2時間ほどの自由時間があり、昼食も兼ねて食べ歩きを楽しみました。
天候も悪く平日ということもあり、あまり混んでおらず、楽しみやすかったです。

自由時間を終えて、山下公園で集合写真を撮ろうとすると、
なんと雨がやみ、日差しが出てきました!

30kougai02

そのあとの横浜港のクルージングは天候とともに、みんなの気持ちも晴れて、今まで以上に楽しむことができました。

クラス替え直後で慣れない中での行事でしたが、ウォークラリーなどで協力したり、約半日一緒にいることによって、仲が良くなれたような気がします。

これから卒業までは、まだまだたくさんの行事が残っていますが、
より一層仲を深めていけたらなと思いました。

(2年6組 C.H / M.N)
行事 | - | -

1年生の皆さん、これからよろしくお願いします!

4月9日に対面式・新入生歓迎会がありました。

私たち16期生(新2年生)からすると初めて新入生と関わる行事だったので、先輩としての自覚を持たなければと考えさせられる行事でもありました。
3004091taimenn
具体的に新入生歓迎会では、委員会と部活動・同好会の紹介がありました。つばさ総合高校は学校自体が広くのびのびと活動することができ、文化部・運動部も様々な実績を残しています。私は部活動の発表で前に出て発表したのですが、とても緊張しました。
300409taimen2
放課後には、1年生のフロアに各部活動が集まりとても賑やかな放課後でした。

最後に、つばさ総合高校は総合高校という選択授業が多い高校で2年生になると選択授業が授業全体の半分くらいを占めるので、クラス単位での授業のかかわりが少なくなります。なので、行事一つ一つを噛みしめて過ごしていきたいと思います。
(2-4Y・Y)
行事 | - | -

おめでとう~17回目の入学式

肌寒い季節も終わりをつげ、桜が舞い散る春という新しい季節に胸を弾ませるなか
4月7日に入学式が行われました。

18nyugaku1

新しい制服を身に包み、新生活への不安と期待でいっぱいのなか、私たち新入生は式に挑みました。
私たち新入生にとっては人生のなかで三回目となったこの入学式は、今までの義務教育であった時とは違い、本気で将来を考え自分で選択をした未来へ繋がる大きな一歩となりました。

担任の先生からの呼名に精いっぱいの大きな声でこたえ、私たち第17期生は東京都立つばさ総合高等学校への仲間入りを果たしました。

式の終わりの方では、先輩がたが校歌を披露してくださいました。美しく透き通った歌声にとても感動しました。

18nyugaku2

18nyugaku3

ここからの三年間、つばさ総合高校の一員であることに自覚をもち、日々精進していきます。

(一年一組 W、N)
行事 | - | -

初めての、そしてこのクラス最後の、奏翼祭

3月24日。
高校に入って初めての合唱コンクール「奏翼祭」がありました。

17souyoku

高校では中学の時と違い、音楽を選択している人しか音楽の授業は受けられません。
たから、全員が音楽の先生に合唱を教わる機会は一度しかありませんでした。
なので、奏翼祭まで一か月を切っても完成度が低い状態でした。

しかし各クラスとも、実行委員を中心に朝練や放課後練など自分たちで練習を重ね、だんだんと奏翼祭に対して本気モードに入っていきました。
でも、男女でケンカになったクラスがあったり、思い通りの合唱ができず行き詰ってしまったり、練習に来る人が少なかったり・・・と問題は絶えませんでした。
しかし、そこで諦めずに、どこのクラスも歌の練習を続けられました。

いよいよ奏翼祭まで一週間を切ったとき、朝の練習を毎日やるクラスなど、奏翼祭に対してクラスのほとんどが意欲的になってきました。
各クラスとも、他のクラスに対抗心を持ち始めていたと思います。歌の練習の時に各クラスから聞こえる歌声はどれも迫力があり、美しいものでした。

そのままさらに対抗心が高まり、そして奏翼祭当日。
その日は登校した瞬間から最後の練習をする歌声が聞こえて、緊張が止まりませんでした。
そして午後からの本番。私のクラスは1年の中で4番目でした。
自分の順番が回ってくるまではあっという間で、舞台に上がった時は心臓の鼓動が激しくなり、体が石のように固くなっていました。
しかし、歌い始めるとクラスが一つになったような気がして、さっきまでの緊張が嘘のように体、はリズムに乗って揺れていました。
惜しくも賞は取れませんでしたが、「このクラスで良かった!」とあらためて実感することができました。

(1年3組 M、Y)

----------

当日についてのみ特に詳報した投稿もあるので、掲載します。(顧問)

----------

3月22日に、合唱コンクール「奏翼祭」がありました。
1年生と2年生、合わせて12クラスが競い合いました。

最初は1年生から。
1年の課題曲は校歌でした。校歌は明るい曲なので元気に歌うのがポイントだと思います。どのクラスも明るく元気でとてもよかったと思います。
最初に歌ったのは1組。1組の自由曲は「信じる」です。ハーモニーがきれいで良かったです。
次は4組で、自由曲は「手紙~拝啓十五の君へ~」でした。実際に合唱で聞くことはあまりなかったので、新鮮でとても感動しました。
次の6組は「虹」。ソロがとてもきれいで驚きました。
3組は「明日へ」でした。指揮がすごくてびっくりしました。
2組の「聞こえる」は強弱がしっかりしていてきれいでした。
そして、最後の5組は「奏」。優しい歌声でした。

休憩をはさんで、2年生が歌う番です。
2年の課題曲は「あなたへ~旅立ちに寄せるメッセージ~」。どのクラスもサビの盛り上げがよかったです。
最初に歌ったのは1組でした。自由曲は「ヒカリ」でした。男女の声量のバランスがよく、ハーモニーがきれいでした。
次の3組は「友~旅立ちの時~」です。コーラスがきれいで、女子がきれいでした。
続く6組は「証」でした。中学のころを思い出して感動しました。
その次の5組は「未来」。歌詞を大切にして歌っていて、よかったと思います。
そして2組は「Story」でした。ハーモニーがとてもきれいでした。
最後に4組が「道」を歌いました。個性が出ていてよかったと思います。

演目がすべて終わると、審査員(1・2年の担任や副担任ではない教員数名)が審査に入ります。
その間は、エキシビションの時間。

17souyoku2 17souyoku3

まず軽音楽部のバンド「イチノサン。」の演奏(上写真左)。合唱前の緊迫した雰囲気とは打って変わり、とても盛り上がりました。
そして1年で音楽を選択している人の有志が「夢の世界を」と「大切なものに」を、2年の「現代の音楽B」選択者が「COSMOS」を合唱しました(上写真右)。
クラス全部よりもずっと人数が少ないのに、とても声量が出ていて驚きました。

それらが終わると、いよいよ結果発表と表彰。
今年の1年の金賞は6組、銀賞は2組でした。
2年の金賞は2組、銀賞は3組でした。
そして全体を通じた最優秀賞であるグランプリは、2年1組でした。

2年生にとっては、これが最後の奏翼祭でした。
1年生には来年がありますが、クラス替えがあるのでメンバーは違います。
それぞれ、どんな思い出が残ったでしょうか?

(1年 名無し)
行事 | - | -
1/64 >>