Tsubasa Life

都立つばさ総合高校の学校生活紹介
~生徒会広報委員が随時更新中~

7/13(金)・東東京大会の応援お願いします!

夏といえば高校野球。
その東東京大会に、つばさ総合高校も出場します。

2018baseball_ete

ご覧のとおり初戦は7月13日(金)13:30から、相手は巣鴨高校です。
会場は、聖地・神宮球場。
昼で授業が終わる日の、午後の試合。
最高の舞台をいただくことができました。
日頃の練習の成果を、特に3年生は2年あまりの現役生活で培ったすべてを出し尽くすつもりでいます。
応援、よろしくお願いいたします!

以上、硬式野球部からのお知らせとお願いでした。
なお、ホームページはこちらです。

(硬式野球部員)
部活動 > 運動部 | - | -

最高に盛り上がった飛翔祭!!

6月7日(木)に飛翔祭を開催しました。
今年の飛翔祭は本来6日の開催でしたが、悪天候のため一日延期となり、開催できるかどうかもわからない状況でしたが無事晴れて行うことができました。
今回の飛翔祭においても応援合戦は大変盛り上がりました。
初めに応援をしたのは、青団でした。
青団の応援は、唯一のペアダンスがある団ということもあり、元気あふれる応援でした。

30hisyousai02


次に応援をしたのは黄団でした。
黄団の応援は、男子、女子ともに息ぴったりのダンスで会場を盛り上げてくれました。

IMG_0310+1.jpg

最後に応援をしたのは赤団でした。
赤団の応援は太鼓などを使い大トリにふさわしい迫力ある応援でした。

30hisyousai04

どの団も練習の成果を出し切ることができたと思います。

さて今年の飛翔祭の結果です


30hisyousai01

赤団 773点
青団 812点
黄団 881点
総合優勝 黄団となりました。
1年生は初めて、2年生は2度目、3年生は最後の飛翔祭となりましたが、どの学年どの団も全力を出し切ることができたと思います。もう一つの大きな行事である銀翼祭も全力で取り組んでいきたいと思います。

(3年2組 広報委員会)
行事 > 飛翔祭(体育祭) | - | -

飛翔祭、実施!

本日7日、飛翔祭実施します!

(総務情報部)
- | - | -

6日の飛翔祭は延期

本日6日に予定されていた飛翔祭は、明日7日に延期とします。
本日は短縮6時間授業で、そのあと飛翔祭の練習です。

(総務情報部)

【追記】
アクセス集中により、今朝方はご迷惑をおかけしました。
公式のTwitterアカウント(下記)を再開しましたので、明日以降はTwitterもご覧ください。
https://twitter.com/tsubasasogo
- | - | -

いよいよ「飛翔祭」です!

【おことわり】
記事下部に当日の案内がありますが、この行事は一般公開はしておりません。
一般の方のご来校はご遠慮ください(案内は本校保護者用です)。


【生徒の皆さんへ】
6日の決行・中止については、6日午前7時頃にこのページで告知します。
生徒の皆さんはそれまで、両方の準備をしておいてください。


来る6月6日(水)は、体育祭。
本校の体育祭は、創立の際から「飛翔祭」という名称で多くの種目がグラウンドで繰り広げられ、心技体とも熱く忘れられない一日を送ります。
飛翔祭実行委員会がルールを確認し選手に教えたり、委員の手作りで競技の道具を製作したり・・・他にも応援団や団旗制作の生徒が多くの時間を割いて、生徒総出で体育祭の準備に当たっています。
7時間目の体育祭練習でも、生徒たちは炎天下の中で何度も練習を重ね、本番に備えて集団の演目を上達させています。グラウンドで練習をする生徒たちの表情はとても輝いていて、高校生活の青春のど真ん中を駆け抜けて行っています。
行事を通して、協調性を身に付けたり、みずからの行事を創り上げる力・運営する力を引き出したりして、成長した姿を見せてほしいと思います。

・グラウンドでの全体練習の様子
18hishopre1 18hishopre2
18hishopre3 18hishopre4
実行委員会はムカデ競争のロープを手作りで制作したり、玉入れの大玉を創作したりと、中心になって飛翔祭の計画、運営を進めています。
道具や機材で修理が必要な箇所も、実行委員会幹部で修繕を行います。

■団と団旗
飛翔祭は、全校生徒が「青」「赤」「黄」の3団に分かれて戦います。
18hishopre5
昨年の団旗を、校舎吹き抜け階段に展示しています。これらを見ると、いよいよ体育祭だという意気込みや熱が上がっていきます。
一方で応援団は、朝練習と放課後練習を通して演技の完成度を高めています。

団旗は毎年、3年生の美術系列の生徒が団ごとでチームを組んで制作しています。
どのように表現すれば皆の闘争心をかきたてたり、勝利に向かって団結する心を共有したりできるような団旗になるのか、それぞれの団の担当者が模索しながら団旗の制作にあたっています。
放課後も遅くまで居残り、土日の休日も団旗制作に時間を費やしています。
演技プログラムだけでなく、こうした活動も団の勝利に反映されます。生徒が創り上げる体育祭です。

・団旗の制作風景
18hishopre6 18hishopre7

■ご案内

飛翔祭については、申し訳ありませんが一般公開はしておりません。
一般の方のご来校はご遠慮ください。
以下、本校保護者各位のために当日のご案内をいたします。

平成30年度 第17回「飛翔祭」

日時
 6月6日(水)午前9時開会
 雨天の場合は6月7日(木)、8日(金)に順延します。
 8日も雨天の場合は中止になります。
場所
 本校グラウンド
プログラム
 =午前の部=
  1 開会式
  2 100m走
  3 全員リレー(1年)
  4 玉入れ(2年)
  5 全員リレー(3年)
  6 結束リレー(1年)
  7 全員リレー(2年)
  8 走り綱引き(選抜)
  9 部対抗リレー(部活動)
 =午後の部=
(13:00開始予定ですが、目安ですので前後する場合があります)
 10 応援合戦(有志)
 11 100m走決勝(選抜)
 12 ムカデ競争(3年)
 13 棒引き(女子)
 14 棒倒し(男子)
 15 団対抗リレー
 16 閉会式
お願い
 ※自動車、オートバイでのご来校はご遠慮ください。
 ※トラック内への立ち入りはしないでください。

(生徒部)
行事 > 飛翔祭(体育祭) | - | -

5/31(木)の体力テストについて・2

本日5月31日の体力テストは、予定どおり実施します。
- | - | -

5/31(木)の体力テストについて

明日5月31日の体力テストについては、決行・延期の決定を31日午前7時に行います。
延期の場合は通常授業(授業時間は「短縮」)になります。
決定内容はこのページでもお知らせしますが、発表までは体力テスト・通常授業の両方の準備をしておいてください。

(総務情報部)
- | - | -

5月の授業・部活の様子

こんにちは。 広報委員会です!
5月の授業・部活の様子について書きたいと思います。

授業について
5月後半には中間考査があり、
より集中して授業を受けられていると思います。
積極的に発言する人、真面目にノートなどをとってる人。
とてもいい雰囲気で授業を受けることができています。
この雰囲気をずっと続けていければ素晴らしいと思います。

30jyugyou02

30jyugyou03

30jyugyou01

部活動について
どの部活動も大会などに向けて活発に活動しています。
僕はサッカー部なのですが、大会終わって
部長やキャプテンが3年生から2年生にバトンタッチして引退が近づいていることを実感しました。
1年生も入ってきて人数が増え新しいチームとして大会でいい結果が出せるように日々努力しています。
3年生は悔いに残らないようにしたいですね。

5月病という言葉があるように5月は何事にも気持ちが入らないなんていうことが多いですが、
つばさ生はそれにも負けず授業も部活もみんなしっかり両立ができていて素晴らしいと思います。
まさに文武両道。それができていてさすが
つばさ生だなと思いました。

3-5 S.O
授業・先生 | - | -

芸術鑑賞教室に行ってきました。

五月二日水曜日の午後、午前の通常授業を終えて私たちは蒲田のアプリコで集合し中に入り、事前に決められた席に座って狂言・落語を見ました。
狂言は二つの曲目がありました。
 一つ目は「棒縛り」で、主人の留守の間悪さをしていた弟子二人が、それを主人に咎められ主人がまた留守にするというので、二人は縄で縛られます。さてこれからどうなる?
というお話でした。狂言特有のしゃべり方が慣れないなあと思ったり、安土桃山のころの古い日本語によってところどころ意味が解らないなと思うところがあったりしましたが、特徴的な動きで読み取れたりしました。
そろりそろりと動くところで狂言らしさを感じました。また、笑い方が特徴的で 耳についたら離れない感じでした。
 二つ目は「柿山伏」で、山伏が柿を盗んで食べているところをその柿の持ち主が見つけ(山伏がおるなあ、懲らしめてやろう)と思って、
山伏に向かって「あそこにカラスがいるなあ、カラスなら鳴くはずだ。鳴かぬならカラスであらぬ殺してしまえ」と、
どうする山伏!だんだんと無理難題になっていく要求!山伏の末路は!といった感じの話でした。この曲は小学校のころ小学校で見せられたことがあり知っていました。
木を表すのに土台のようなものを使っており、古くから続いているやり方を守り続けているんだなと思いました。ちゃんと木に見えるようになるからと言われましたが、
残念ながら私には木の代用品としか見れません でした。山伏という存在が昔の日本の話だということを知らせてくれます。山伏が要求にこたえようと猿の鳴きまねをしてみたりするシーンは今と変わらない笑いがあるなと感じました。
 そのあと、落語の時間までの間狂言を披露してくれた人のうちお二方が質問に答えるコーナーがありました。
お二人は先祖代々狂言をやっているそうで、「親が狂言をやっていた時子供もそれをやらなくちゃいけないんですか」という質問がありました。
回答は、絶対につかなくてはいけない決まりはない。(狂言師に)なりたいと思ったからなった。というものでした。
先祖代々やっているところは強制的な感じで後を継いでいるイメージがあったので、この回答に少し驚きを覚えました。しかし 、考えてみれば好きでもない仕事に就きたいとは思わないなと気づきました。
私は狂言の演目で古きは守られるものだと思いました。

2-1 T.S

30geijyutu01


30geijyutu02
行事 | - | -

入学した月にいきなり「17期生つばさゼミ」!

私たち17期生は4月23日~25日、2泊3日で恒例の「つばさゼミ」をやってきました。
場所は伊豆、「ラフォーレ修善寺」というきれいな宿泊施設です!

1日目、クラスのプログラムなどの予定が終わり、くたくたに疲れながらもいそいそと、班員たちで各々の部屋へと向かいました。
女子の部屋は想像していたより広くて、テンションがあがりました!
なんといっても、部屋がとても綺麗!!

30tubazemi01

この行事で一番大きく記憶に残っているのは、2日目のお昼の後にあったウォークラリーです!

30tubazemi02


班ごとに違うマップとルートで、班のみんなと協力しあいながらゴールを目指しました。
マップには図しか描いてないので、迷ったりもしました。
ですが、それも終わった今となれば楽しかった記憶!
班員と話す機会が多くなり、行く前と打って変わってものすごく仲が深まったような気がします。


30tubazemi03


あとイベントではありませんが、ご飯がめっちゃ美味しかったです(o^―^o)

(1年5組 K.I&S.Y)
行事 | - | -
1/64 >>