Tsubasa Life

都立つばさ総合高校の学校生活紹介
~生徒会広報委員が随時更新中~

<< 【速報】飛翔祭結果発表! | main | 7/5(水)の考査について >>

芸術鑑賞教室

 私たちつばさ生は5月12日金曜日、芸術鑑賞教室にて新橋の大同生命ミュージカルシアター電通四季劇場[海]で劇団四季が公演する「アラジン」を鑑賞しに行きました。この「アラジン」は同タイトルのディズニー映画をミュージカル仕立てに編成し直した作品です。

 アグラバーの貧しい青年アラジンは、生きるために盗みを繰り返す日々を過ごしていた。そんな中、古いしきたりを大事にする王から結婚を急かされ、耐えられなくなり王宮から抜け出し街に出てきた王女ジャスミンと出会い、恋に落ちる。
しかし、アラジンは傭兵に捕えられてしまう。ジャスミンは自分が王女であることを明かし釈放を求めるが、傭兵に切りつけられそうになってしまう。そんなとき、一人の老人に助けられる。この老人は、実は王国の乗っ取りを目論む邪悪な大臣ジャファーであった。彼は三つの願いを叶える魔法のランプを用いて王国を支配しようとしていた。だが、魔法のランプが眠っている魔法の洞窟には「ダイヤの原石」と見込まれたものしか入ることが出来ない。ジャファーはその「ダイヤの原石」であるアラジンを利用しようとする・・・。

 結末を知っていてもハラハラドキドキする演出でした。映画でも数ある名シーンの中で一番有名だと感じる二人が魔法のじゅうたんで星空をデートする場面は、ミュージカルでも細密に再現され、まるで本当に魔法で星空を駆けているような心惹かれる演出でした。笑いあり涙ありのストーリー、愛と友情の素晴らしさ、そんな登場人物達のやりとりがとても印象に残る劇でした。今年度の文化祭ではぜひ、今回劇団四季を見て学んだことを活かして演出してみたいと思いました。機会があれば劇団四季の舞台をまた見に行きたいと思います。

17-05-12-14-59-44-193_photo.jpg

(広報委員担当 3-4K)
行事 | - | -